レキオ島唄アッチャー

変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「前ぬ渡節」

 「前ぬ渡節」
 本島民謡で人気のある「遊びションガネー」の元歌がパナリ島(新城島)の「前ぬ渡節」である。當山善堂氏は「前ぬ海節」としている。
 歌意は次の通り。
 ♪パナリの前の海上に 波照間島の北方の海上に
  ※スーリ ションカネ スーリ ショウライ
 ♪絹の布を延べてご案内します 布を敷き延べてお供します ※以下同じ
 ♪絹の布と言うのは賺(スカ)しですよねー 布と言うのは嘘ですよねー
 ♪ナイシュニを絹の布に譬(タト)えたのですよ 五反船を布に譬えたのですよ
  歌はこの後、五反船の後方に屋形を造り、床に畳を敷き詰め、在番役人を案内するという内容である。
 新城島を発祥の地とする歌である。八重山古典民謡の中には、険しい山道や海上に絹布、布を敷き延べて役人を案内するという歌がいくつかある。その一つである。「役人の歓心を買いその心象を良くしようと腐心する往時の村びとたちの姿が眼前に浮かび、複雑な思いに駆られるのも事実である」(當山善堂著『精選八重山古典民謡集』)
                         
 この曲は、沖縄本島では「遊びションガネー」として歌われている。元歌は、恋歌とは何の関係もない。まったくの替え歌で、元歌とは別世界のような歌詞である。囃子の「ションガネー」が使われるところだけが共通点である。いまはなき恋人をしのぶ歌だ。
 歌意は次の通り。
 ♪愛しい人の面影が立たなければ ※サーサースーリ ションガネー 
 ♪忘れられる時もあるだろうに ※以下同じ
 ♪気楽に遊んだ人の面影は あまり思い出すことはないけれど 
 ♪愛しい貴方の面影は 朝に夕に浮かぶ 
 本島のこの曲も、旋律と歌詞の内容がマッチして、しっとりとした味わいがある。替え歌としては見事に成功した名曲だと思う。
スポンサーサイト

島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「べんがん捕れ―節」 | ホーム | 変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「あかまた―節」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |