FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

緑茶で風邪の症状が治る? 不思議な体験

 先月、風邪をひいて、夜中に咳こんだ。病院で風邪薬をもらった。咳止めもある。でも、咳止めを飲んで咳がおさまったことは一度もない。私の風邪の症状の特徴は、やたら汗をかくこと。寒気があっても、すぐに嫌な汗が出る。夜寝ると、ビッショリと汗をかき、夜中に4回も5回もパジャマ代わりのTシャツを着替える。汗は、体温を調節しているというが、風邪の時に出る汗は、半端ない。とっても嫌なものである。
 ところが今回、出先で、濃い目の緑茶を飲んだところ、その夜、咳がピタリと止まった。おまけに、寝ても汗をあまりかかず、着替えもしなくてよかった。
 ネットで調べて見ると、緑茶はカテキンが含まれていて、殺菌作用があり、お茶でうがいをするとよいとのことだった。今回は、この緑茶を飲んでから、風邪自体も回復に向かった。風邪薬より、緑茶で風邪が治ったというのが実感だった。
 サークルで、この話しをすると、「私の父は80過ぎだが、毎日緑茶でうがいをして、そのまま飲んでいますよ。そのせいでしょうか、ほとんど風邪をひかないですね」とのことだった。やはり緑茶は多少の効果があるようだ。
 それからまだ1カ月もたたないうちに、病院に行った際、後ろで咳き込んでいる人がいた。気になっていたら、心配した通り、風邪の時と同様に、嫌な汗が出だした。寝ても1時間ごとに汗ビッショリになり、5回も着替えた。このままでは寝れないので、お茶を飲んでみようと思い、夜中に緑茶を入れて、うがいをして飲んでベッドに入った。すると、汗の出るのが抑えられ、着替えをせずに朝まで寝れた。
 翌日も夜、緑茶を飲んでから寝た。まだ少し汗が出るが、着替えは一回ですんだ。朝も起きた時、飲んでいる。なにか気分が良い。なんとか風邪にかからないでいけば有難い。
 緑茶の効能といっても、まだ断言はできない。たまたまの偶然もあるだろうし、そのときの身体の調子もあるだろう。でも、いまのところ、自分にとっては風邪には緑茶を飲むのが一番合っているようだ。不思議な体験である。
関連記事
スポンサーサイト

健康 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<永楽帝と尚泰久との類似点、その1 | ホーム | 八重山と宮古の民謡の交流、その6>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |