レキオ島唄アッチャー

変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「くいぬ端節」

 「くいぬ端節」(クイヌパナブシ)
 沖縄本島で歌われる民謡「恋ぬ花」の元歌が、八重山の「くいぬ端節」であるというのはよく知られたことである。
「くいぬ端節」は、新城島(アラグスクジマ)が発祥の地だといわれる。
                     
             動画題名に「くいぬぱな」(恋の花)とあるが原曲の題名ではない。
 歌意を紹介する。
 ♪クイヌパナ(地名)に上って、浜辺を眺めると、マカ(女)が布晒しをしている姿の美しいことよ
 ♪ウフイシ(岩)に上って、珊瑚礁を眺めると、マチ(男)が蛸捕りをしている 仕草の面白いことよ
 ♪マチが捕った蛸はクヤーマ女に渡し、サンゴ石と一緒に渡した
 ♪近くで見ていた妻は焼きもち焼きだったので、鍋と碗を叩き割ってしまった
 ♪大道盛(ウフド-ムリゥ)に上って東の方を眺めると、百合の花かと思ってみると 実はマル(女)の
 下裳(カカン)であった
 ♪高根久に上って北の沖を眺めると、片帆の船だと思っていると、真帆の船だった。
 この曲は、高い所から眺めた島の情景が歌われる。女性は布晒、男はタコ捕りをしていると島ののどかな風景を歌っているかと思うと、場面は一変する。
 男(夫)が他の女性に蛸やサンゴ石をあげて、妻が嫉妬に荒れ狂う。暮らしの必需品である鍋や椀を叩き割る。怒りの激しさが伝わる。大らかな性描写にも及ぶ。これだけの短い歌のなかに、ドラマが凝縮されている。いかにも島の日常生活の中から生まれたなかなか面白い曲である。
                         護国寺
                波の上にある護国寺。門の上に鐘が見える
 本島で歌われる「恋ぬ花」は、歌の内容はまるっきり異なる恋歌となっている。替え歌である。
 歌意は次の通り。
 ♪庭には雪が降り 梅の花が咲いているが 彼女の懐は南風が吹いている
 ♪どうして私の庭は 梅の花が咲かないのに 毎夜鶯が通って鳴くのだろう
 ♪波之上に行こうか 薬師堂に行こうか なれた薬師堂がよいではないだろうか
 ♪波之上の鐘の音を首里の鐘と思って 彼氏を起こすのでは、と心を痛める
 遊女と士族の男をめぐるとても艶っぽい歌である。「庭には雪が降り」というのは、沖縄にはない情景である。2番目の歌詞の「鶯が通ってくる」というのも、鶯といっているのは実は男のことを表していると聞く。3番の歌詞も、薬師堂は今はないが、昔は薬師堂の浜もあり、遊女を連れて遊びに行く場所だったとか。4番の歌詞は、首里の士族が遊郭に遊びに来て、泊まっている。波之上の寺の鐘の音を首里の寺の鐘と勘違いして、起きて帰ってしまうのではないかと、心配する。
 このように、八重山民謡の「くいぬ端」を語呂合わせで「恋ぬ花」として、中身はまるっきり別の替え歌である。歌三線の達者な子ども、この曲を歌う場合があるけれど、歌詞の内容をどのように理解するのだろうか、と他人事ながら心配してしまう。
 「恋ぬ花」のような士族と遊女の恋歌になると、元歌の「くいぬ端節」のような島の庶民の暮らしや風俗を反映した味わいや面白さがまったく消え失せてしまう。庶民の生活感はない。
 ただ、本島の「恋ぬ花」もこれはこれでとても味わいのある曲である。替え歌としてはとてもよい作品だと思う。
スポンサーサイト

島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「川平節」 | ホーム | 変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「下原節」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |