FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

ニライカナイはどこにあるのか。二面性

 ニライ・カナイの二面性

 吉成直樹氏は、中本正智著「ニライカナイの語源と原義」の見解を次のように紹介する。

 <結局、「ニライ」「カナイ」の原義は、いずれも太陽神の居所であり、ヒトが休息する居所がその人の拠点であるように、太陽神の拠点は日ごと現れては夜に隠れる地の中であると考えられた。太陽は水平線の彼方から空と海を真赤に焦がして上がってくることから、「土の屋、日の屋」が永い歴史のうえに次第に推移していって、現在のような意味に落ち着いたとしても不思議ではない、と述べる。(『琉球民俗の底流』)>

 

 そういえば、昨年7月、このブログでも次のような見解をアップしたことがある。

ニライ・カナイには、太陽神(王)が生れる「でたがあな」(太陽の穴)がある。
穴から生まれた太陽神は、西に沈んだ後、地底の穴を通り「太陽の穴」から再生すると考えられた。

    琉球王権がイメージしたニライ・カナイは、太陽神がすむ光り輝く白い世界と考えた>

これは、安里進氏(沖縄県立芸術大学附属研究所客員研究員)の講演「お墓と琉球王権のグスク・王陵(王墓)の意外な関係」からの紹介である。

           IMG_3489.jpg 
           沈んだ太陽は地底の穴を通り再生すると考えられた

 吉成氏は、中本氏の見解を踏まえて、さらに次のように展開している。

<八重山などで見られる仮面仮装の来訪神は、あくまでも垂直的な地下を志向する「地下他界」に結びつくとしたことは、ニライ・カナイの原義が「土の中」であると指摘することと符合するし、女性神役の祭祀が水平的な海のかなたの海上他界に結びつくとしたことは、太陽は水平線の彼方から空と海を真赤に焦がして上がってくることから、現在のような意味に落ち着いたとする指摘と合致しているのである。

 この中本正智の議論に従えば、八重山のニライ系の他界(地下他界)と結びつく仮面仮装の来訪神儀礼が古く、女性神役が中心となるニライ系の他界(海上他界)に結びつく儀礼は相対的に新しいということになる。…

 
 こうしてみると、まず地下他界を意味するニライ・カナイが存在しており、その後に。それから変容した海上他界としてのニライ・カナイがその上に覆うように波及したということになる。(『琉球民俗の底流』)>

 吉成氏は、ニライ・カナイの原義は「土の中」であり、八重山の地下他界と結びつく仮面仮装の来訪神儀礼が古く、女性神役が中心となる海上他界に結びつく儀礼は相対的に新しい、としている。

 この点は、前にブログで紹介した外間守善氏の見解とは異なる。


 外間氏は、
スクの地名が、海辺の高地にあって祖神のいる遙かなる原郷と深くかかわる聖性をもっていた」として、次のようにのべている。

<古くは、神々の行動は水平軸に動いていたのに、それが天上と地上を結ぶ垂直軸を中心にするように変わっていったため、海の果ての遠い所をあらわした「スク」「そこ」の原意が、ものの高低をあらわす「底」という新しい意味を生みだし、それが言葉として広がり深まっていったのであろうと考えるからである。

そうだとすれば、『古事記』の時代にすでに薄れてしまっていた日本古語の原意が、遠い南の島々に残映していたことになる。特に、海と海神と稲作文化にかかわっているスク地名は、海辺の高地にあって、遙かなる海(祖神のまします原郷)と深いかかわりを持つという聖性をもっていたわけである。(外間守善著『南島文学論』)>

古くは神々の行動は「水平軸」で動いていたのが、いつの間にか天地を結ぶ「垂直軸」に変わったため、海の果てを表した「スク」の原意が高低を表す「底」という意味を生みだしたと見る。

 吉成氏と外間氏の見解の相違はどう見るのか、筆者にはまだ判断するほどの見識がないので、多様な議論を紹介するだけに留める。

 


スポンサーサイト

沖縄の民俗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニライカナイはどこにある。実在する穴 | ホーム | ニライカナイはどこにあるのか。地下他界?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |