FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

祝第150回記念アルテミュージックファクトリー

  毎月恒例のアルテミュージックファクトリーは第150回を迎え、14日夜,記念のファクトリーがあった。何年ぶりかの懐かしい人たちもかけつけ、大盛況だった。
                                DSC_3998.jpg
 越智さんのトランペットとツレのピアノのコラボによる「帰れソレントへ」から始まった。
                                      ファクトリー越智 (2)
 私の出番もいつもより早く回ってきた。「多良間ションカネー」を歌った。今回は、「思い出」がテーマだった。数年前まで宮古民謡の名手Tさんがこの曲を聴かせてくれたことを思い出す。哀調のある歌三線だった。
           DSC_3929.jpg
 多良間に派遣された王府の役人と現地妻との別れの情景を歌っている。詳しくはこのブログで「多良間ションカネーの謎」などで書いているので、そちらを見ていただきたい。この曲を歌うと、NHK大河ドラマ「西郷どん」で、奄美大島に流された西郷が、愛加那と結ばれるが、3年を経て子供2人が生れるけれど、西郷は呼び戻され、彼女と子どもを残して島を出る悲しい場面が思い出される。きっと、昔の多良間でもこんな状況だったのだろう。

 アルテギターサークルの合奏では、スイスから空手を習いにきえいる女性もパーカッションで参加した。2曲目では、いま茨城県にいるUさんもかけつけて、「ケセラセラ」を歌った。
                             DSC_3931.jpg            
 ミーシャさんはギターソロで「秋桜」「みだれ髪」を演奏した。
                                DSC_39333.jpg

 同じ三線仲間のTさんは、「二見情話」を歌った。歌三線の演奏が増えると嬉しい。
                             DSC_3936小

 一部が終わると、パーティータイム。パーティーの幕開けで、私とTさん、Hさんの3人で「かぎやで風節」を演奏した。ほとんど練習なしにしては息の合った演奏ができたのではないか。
        1532133055777.jpg

 平良さんが、3カ国語で乾杯の発声をしたあと、糸数さんとayaさんがベルディー作曲オペラ「椿姫」から「乾杯の歌」を歌った。二人が参加者一人一人と乾杯をして回り、最後は全員で「カンパーイ!」と合唱。大盛り上がりとなった。
                             DSC_3952.jpg
 オードブルを食べながら歓談。その間に、舞台ではベリーダンスも披露された。
                            DSC_3961.jpg
 記念のファクトリーとあって、参加者が多くて、第2部は、28組がエントリーした。
 Nさんのギター、ツレのピアノによる弾き語りで、「奇跡の地球(ほし)」を歌った。1年ぶりでNさんは緊張したというけれど、ノリのよい演奏だった。
                              DSC_3966.jpg
 ツレはピアノ独奏で、ブラームスの「ワルツ変イ長調」を弾いた。ピアノの音色もきれいだしノーミスで、良い演奏だったのではないか。
                           DSC_3970.jpg
 しばらく休んでいたTさんは、娘さんのピアノ伴奏で歌とハーモニカ演奏をした。毎年、慰霊の日のある6月には「月桃」を演奏してきた。今年は7月になったけれどこの曲を歌い、平和への思いが込められた歌声だった。
                           DSC_3972.jpg

 私と同郷のYさんは「おぼろ月夜」を歌った。若々しい歌声だった。
                            DSC_3974.jpg
 ギター独奏のピカリンさん、カオルさんも久し振りの出演。もっともっと聞きたい演奏だった。
                         DSC_3984.jpg
 やはり久し振りに、ベースのKさん、ドラムのSさんとピアノのUさん、ボーカルのRさんによる「イパネマの娘」、ayaさんによる「ジュピター」、清美さんによる「superstar」と素晴らしい歌声が続いた。
                       DSC_3986.jpg  

 3代目龍潭ボーイズの楽しい演奏につづいて、そのメンバーEさんはギター、Tさんはウクレレでそれぞれ初めてソロの弾き語りを披露した。
                         DSC_3993.jpg
 与那原からきた「東浜レディースギターサークル」は「日曜はダメよ」など演奏。サークルの指導者、Kさんもギター独奏で素晴らしいテクニックを披露した。
                     DSC_3997小

  最後に全員で「世界に一つだけの花」を合唱。歌声が会場に響き渡った。
                    DSC_4004.jpg  
 5時間以上の音楽会だったけれど、長さを感じさせない楽しさだった。
 アルテは、ジャンルや演奏の上手下手は関係なく音楽大好き人間が集い、語り、演奏しあう場である。参加する人みんなが「世界で一つだけの花」である。こんな音楽会が「世界に一つだけの音楽会」でもある。
     DSC_4010小 
   4年に1回というより年1回くらいは、こんな楽しいファクトリーがあればいいな、と思った。
 
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もっと評価されてよい島津久光、挙藩一致 | ホーム | もっと評価されてよい島津久光、兵を率いてい上京>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |