FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

一夜限りの神秘なサガリバナ

 夜咲く神秘な花、サガリバナが今年もこの時期、咲き誇っている。首里の崎山の瑞泉酒造所のある通りが名所なので首里に用があるついでに立ち寄ってみた。
             
   陽が落ちたので崎山に向かうと、落陽はつるべ落としといわれるようにすぐに暗くなってきた。崎山に着くとすでに車を止めて見ている人がいる。この通りはサガリバナの並木になっている。
 どの木も、数え切れないほど無数のつるが下がり、蕾や花がついている。
     まだ蕾が開き始めたところで、花びらが完全に開いていない木が多かった。
     DSC_3856.jpg
 今年はとても下っているツルの数が多い気がする。

     DSC_3866.jpg
 白や薄いピンクの花びらが開いてきて、とても美しい。花は一夜限りで朝には散ってしまう。
          DSC_3867.jpg
    花にはミツバチがたくさん集まっていた。蜜があるのだろう。周りにはとても甘い香りが漂っている。
 この夜は、おりしも満月だった。写真は崎山ではなく、わが家の近くである。

       DSC_3854.jpg 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<島原の乱で荒廃した地に国策で移住 | ホーム | もっと評価されてよい島津久光、斉彬の遺志受け継ぐ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |