FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

恵みの台風

 台風6号は沖縄にとって「恵みの台風」となった。
 なにしろ今年は空梅雨で、ほとんどまともな雨が降らないまま、もう梅雨明けになるのではないかと県民みんなが心配していた。ダム貯水率は44%にまで落ち込んでいた。
 今回の台風6号は、15日に台湾から八重山に進み、16日は沖縄本島へと直撃コースで進んできた。といっても、暴風域はなく、速度も速い。
 16日午前に少し雨風が強くなったが、お昼ごろには台風の目に入ったかな、と思うほど、無風になり青空も広がった。台風の目ならもう一度、風雨が強くなるけれど、今回は吹き返しもまったくなし。その後も空は晴れたまま。まさに台風一過だった。
 肝心の雨は、離島や北部で過去最高や6月として過去最高など、大雨が降り注いだ。それも、ダムがたくさんある水源地の山原地方で多く降った。大雨による被害はごく一部にとどまり、農家にとっても待望の雨となった。ダムの貯水率も急激に回復している。17日現在で67%ほど。18日の月曜日から24日の日曜日まで週間天気予想は雨マークが入っていて、これからも降雨が期待できそうだ。ただし、6月23日の慰霊の日は例年梅雨明けとなっていたが、今年の梅雨明けは少し遅れそうだ。
 今回の台風には、みなさん「恵みの雨」と異口同音にのべている。
           DSC_3794.jpg
 実は、15日夜は今年初のビアガーデンに行く予定していたが、雨予想だったのでキャンセルした。だが、16日は午後から晴れあがったので、急きょ出かけた。心地よいビアガーデンだった。

















スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南島に現れる仮面、仮装の神々、世界に広がる仮面文化 | ホーム | 南島に現れる仮面、仮装の神々、なぜ顔を隠すのか>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |