FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

アルテで「PW無情」を歌う

 毎月恒例のアルテミュージックファクトリーが9日夜開かれた。今月のテーマは「君」。テーマにそってそれぞれ演奏された。今回は、沖縄県芸大の学生さんが3人も参加して、平均年齢をぐっと引き下げた。とても楽しい音楽会だった。
 今回は、三線が3組に増えたのが嬉しい。三線演奏と私たちにかかわるものだけをアップする。
 越智さんは、ツレにピアノ伴奏で「サントワマミー」をトランペットで演奏した。いい音色だった。
             DSC_3694.jpg 
  私は、「PW無情」を歌った。「PW」とは戦争捕虜のこと。沖縄戦のあと、捕虜となた軍人は捕虜収容所に入れられたが、金武町屋嘉にあった収容所で歌われた曲だという。曲中に彼女が出てくる。「君」と呼んだかもしれないのでテーマにこじつけた。それに今月23日は「慰霊の日」でもあり、戦争と平和にかかわる曲を歌ってみたかったからこの曲にした。

               DSC_3699.jpg
   歌詞は、「屋嘉節」とほとんど同じ。「屋嘉節」は山内盛彬さん作曲であるが、この曲は普久原朝喜作「無情の唄」にのせて歌う。いま上間綾乃さんが歌っているので参考にしてみたが、かなれ自己流になってしまった。
 玉那覇さんが久しぶりに出演した。本人曰く「3年ぶり」だとか。「遊びションガネー」を歌った。歌、三線の音色とも味わいがある。これからも是非、出ていただきたい。

        IMG_5598.jpg
 ツレは、ピアノ弾き語りで「糸」を歌った。ピアノソロでは、ショパンの「ワルツイ短調遺作」を演奏した。こだわっていたトリルも美しく演奏できたのではないか。
    DSC_3704.jpg

 川西さんも歌三線は1年ぶりくらいか。「遊びションガネー」を演奏した。歌、三線とも前回より格段の進歩のように感じた。上から目線のようで申し訳ない。三線の演奏が増えて心強かった。
      IMG_5607.jpg
 来月は、150回記念となる。テーマは「思い出の曲」。たくさんの方々の演奏が聴けると嬉しい。

                三代目龍潭boys 
  


スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南島に現れる仮面、仮装の神々、秋田のナマハゲ | ホーム | 南島に現れる仮面、仮装の神々、薩摩硫黄島のメンドン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |