レキオ島唄アッチャー

これは行き過ぎでは、図書館のコピーチェック

 先日、那覇市立図書館に行って、歌碑についての本のコピーをした。2ページ分、計3枚という少ないコピー量だ。書いていた申込書を職員に提出すると、コピーした内容をチェックするという。コピー不可の本なら本を見ればわかる。コピーした内容まで職員が見るというのは、市民のプライバシーの侵害に当たるのでは、と意見を述べた。すると、コピーは一人1部しかできないので、内容を見ないとチェックできないから見る必要があるという。
 著作権法を読むと31条では図書館の複写サービスは本の一部に限り一人1部複写できると確かに書いている。だが、30条では、私的使用のためのコピーはそういう制約はない。
 条文の解釈には、諸説あるようだが、31条は図書館側が複写して提供するサービスのことであり、利用者が自分で複写するコイン式のコピー機の場合は、30条の「私的使用」にあたるのではないか、ともされる。となれば、一人1部の制限はないことになる。
 ネットで図書館のコピーについての事例を検索すると、図書館職員がコピーした内容を厳しくチェックする自治体もある。だが、たとえそういう制限があるにしても、コピー内容までチェックするのは多忙な職員にとっても負担になるので、チェックまでしないところも多い。私がこれまで利用してきた各地の図書館は、コピーの内容までチェックする自治体はなかった。同じ那覇市の図書館でも、以前はそこまでチェックすることはしていなかった。県外の自治体では、もうコピーの申込書そのものを廃止しているところもあるらしい。
 「本を借りてコンビニなどでコピー―すればいいのではないか」ともいう。だが、貸し出しできない図書のコピーも必要な場合がある。
 著作権法で著作者の権利を保護するために制限を課すのはやむをえないとは思う。ただ、市民がおこなったコピーの内容までチェックするとなると、なかには何をコピーしたのか内容まで知られたくないと思う人もいる。コピー内容をすべて見るとなれば、まるで監視されているようで、市民のプライバシーの侵害につながる恐れがある。著作権法を無視しろというのではないが、市民のプライバシーを守るための配慮も必要ではないだろうか。
 今回のケースでは、図書館側には著作権法の杓子定規な解釈しか頭になく、市民の人権はまったく念頭にないというところに問題があるように思う。
 図書館職員も人出不足で忙しい上に、コピー内容のチェックまでやらされるのでは負担が大きいだろう。コピー利用者に、「一人1部」という制約があることを目立つように掲示して周知すれば、行き過ぎたチェックまでする必要はないのではないか。その方が、職員にとっても利用者にとってもプラスになると思うがいかがだろうか。
 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アルテで「梅の香り」を歌う | ホーム | 南島に現れる仮面、仮装の神々、アンガマ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |