FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

南島に現れる仮面、仮装の神々、秋田のナマハゲ

 秋田・男鹿のナマハゲ
 
 ユネスコ無形文化遺産登録めざす文化庁の提案の紹介の続きである。
<男鹿(おが)のナマハゲは,秋田県男鹿市に伝承される,正月に行われる行事である。当地では,大晦日(12 月31 日)の晩になると,ナマハゲと称する神が人里を訪れるとされ,家々を巡り歩き,新年を祝福する。昭和20 年代までは小正月(1 月15 日)に行われていた。
         
男鹿ナマハゲ、文化庁
                                 男鹿のナマハゲ(文化庁の提案文書から)
 囲炉裏などで長く暖をとっていると,手足に火斑(ひだこ)ができるが,これを当地ではナモミといい,何もしない怠惰の表れと解している。ナマハゲはそのナモミを剝ぎとってしまう,ナモミ剝ぎの転訛とされ,すなわち怠惰を戒めるの意からそう呼ぶようになったとされている。
 ナマハゲは,各地区の青年たちが扮するが,大きな鬼の面を被り,ケデ(藁蓑)を身にまとい,手には包丁や桶を持つなどして「泣く子はいねがー,親の言うこど聞がね子はいねがー」「ここの嫁は早起きするがー」などと大声で叫びながら家々を巡り,その都度,当家より料理や酒で丁重にもてなされ,去っていく。
 
 この行事は,年初に当たって神々が訪れ,人びとに祝福を与え,地域に幸いをもたらすといった行事である。類似の行事は全国に分布するが,特に男鹿のナマハゲは,我が国の民間信仰や神観念の形態をよく示しており,秋田県男鹿半島における来訪神行事の典型例として重要である。>

スポンサーサイト

民俗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南島に現れる仮面、仮装の神々、なぜ顔を隠すのか | ホーム | アルテで「PW無情」を歌う>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |