FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

南島に現れる仮面、仮装の神々、甑島のトシドン

 鹿児島県甑島のトシドン 
 
 ユネスコ無形文化遺産登録めざす文化庁の提案の紹介の続きである。
<甑島(こしきじま)のトシドンは,鹿児島県薩摩川内市の下甑島に伝承される,正月に行われる行事である。当地では,大晦日(12 月31 日)の晩になると,トシドンと称する神が山の上に降り立ち,首のない馬に乗って人里を訪れるとされ,家々を巡り歩き,新年を祝福する。
         甑島トシドン、文化庁 
                     甑島のトシドン(文化庁の提案文書から)
 
 トシドンには,男たちが扮する。長い鼻に大きな口の奇怪な面を被り,藁蓑のほか,シュロ(棕梠)やソテツ(蘇鉄)の葉などを身に付ける。各家の戸口で馬の足音をさせてから屋内に入ると,特に子供達に,大声で脅したり,本人から日頃の暮らしぶりを問いただし,よい子になるよう諭し,ときとして褒めるなどする。こうして最後には,子供に褒美としてトシモチ(歳餅)と呼ぶ大きな餅を与え,背中に戴かせ,去っていく。歳餅もちは,これを貰わないと1つ歳を取ることができないとされており,いわゆるお年玉の初原と考えられている。
 
 この行事は,年初に当たって神々が訪れ,人びとに祝福を与え,あるいは訪れることで歳改まるといった行事である。類似の行事は全国に分布するが,なかでも甑島のトシドンは,我が国の民間信仰や神観念の形態をよく示しており,南九州の来訪神行事の典型例として重要である。>



スポンサーサイト

民俗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南島に現れる仮面、仮装の神々、薩摩硫黄島のメンドン | ホーム | 感動のふーみ55歳バースデイライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |