レキオ島唄アッチャー

南島に現れる仮面、仮装の神々、川平のマユンガナシ

石垣島川平のマユンガナシ

石垣島の川平では、旧暦9月の節祭(5日間)の初日に、マユンガナシ(真世加那志)と呼ばれる来訪神が出現する。節祭は豊年の予祝祭である。

<川平村の年中行事の中でも「節祭(シチィ)」は村の最も重大な行事である。その節祭の中も「まやぬ神」(注・マユンガナシ)の行事は其の生命線ともいうべきもの。(喜舎場永珣著『八重山民俗誌上』)>。

「マユンガナシ」とはどのような神であるのか。

<川平のマユンガナシは、顔を手拭でかくし、クバ笠をかぶり、クバ蓑をまとい、マヤ棒と呼ばれる六尺棒をたずさえて現われる。これまた来訪神の典型的な扮装である。二神一組で各戸を訪問し、来年の豊穣を予祝し、家族の無病息災、牛馬の繁盛を約していく。(外間守善著『南島文学論』)>

 

    

「マユンガナシ」はもともと、石垣島裏地区の農村“川平、仲筋、桴海、野底、伊原間、平久保”の地域で行われていた。「明治20年以降村村の人口の移動がはげしかったので行事が中止となり消滅してしまった。現在は川平だけに残されている行事である」(宮良賢貞著『八重山芸能と民俗』)。

 石垣島の村々に豊年をさずけ、生活の安定を与えるために来訪するニライの使者は、真世ん加那志とニール人(ピトウ、注・アカマター神)の二つの神事がある。

 <ニール人は旧暦6月、穂刈(プーリイ、豊年祭)の二日目「来年の豊年予祝祭」の夕暮に神の座敷、ナビンドーから出て、村に現われ家家を祝福してまわるが、真世ん加那志は旧暦7月、9月の戊・戌の日からはじまる節祭の夜遅く村の家家を祝福してまわる。(宮良賢貞著『八重山芸能と民俗』)>

 

マユンガナシの由来伝送

川平地域の「マヤヌ神」(注・マユンガナシ)の由来伝承は、「上の村と下の村の伝承」があり、必ずしも一致していないという。

<この「マヤヌ神」のことをまた「真世加那志(まゆんがなし)」とも尊称する。この「真世加那志」は「まーゆんがなしー」とも言い、「マヤの世(ゆう)加那志」の転訛である。マヤの国はニライカナイの思想と等しく、「ニーラン」の楽土即ち理想郷である。そこから来訪される神のことで、「根来(ニーラン)」からの遠来神である。この「真世(まーゆん)」は「マヤの世(ゆー)」の転訛で、「マヤ」から「マユ」になり、「マァ世(ゆ)」に再転している。即ちニロー神のことを「大世持(うふゆむちい)」「広世持(ぴるゆむちい)」の神と言うのと全く同様に、この神は「真世持(まーゆむちい)」の神という。これ等の「大世(うふゆう)」「広世(ぴるゆう)」「真世(まーゆう)」はすべて対語となっている(喜舎場永珣著『八重山民俗誌上』)。>

 

注目されるのは、「由来の伝来の中には『ニロー神』の由来伝承に何等か類似しているところもあり、研究を要する重要な問題である」と喜舎場氏は指摘していることである。

<ことにこの部落の「ニランタ大親神」(注・旧暦二月カタビの日に迎える)との関係は特に重要であろう。この「ニランタ大親」は「ニライ」の国から来訪される神であることから「ニランタ大親」と尊称しているが、私はこの「ニランタ大親」と「真世加那志」とは同一神ではないかと考えている。これ等の神々は等しく遠来神であり、ともにその祝詞を宣り終ってお帰りなるという行事の次第から考えると同類神である。いずれにせよこれ等の神々は豊年を招く農業神であり、今日もなおその行事が盛大に取り行われているのである(同書)。>


喜舎場氏は、すでに別の論考で次のように指摘していた。
 <この「ニランタ大親」のことを部落では「真世神」と尊称し、「まーゆーがん」とか「まーゆんがなしい」などとうやまう。「マヤヌ神」はあくまでその別名である(同書)。>

ともに遠来神、農業神であり、「同一神」「同類神」ではないかという推察は興味深い。

スポンサーサイト

沖縄の民俗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジョン万次郎上陸記念碑が動画に | ホーム | 南島に現れる仮面、仮装の神々、アカマタその3。禁止令>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |