FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

整骨院で腰痛を治す

 昨年からたびたび腰痛が起きるようになった。若い時代は、同僚が腰痛に悩まされていても、まったく無縁の健康体だった。それが、昨年2月、重いものを持ち上げる作業をしたことをきっかけに、腰痛が出るようになった。
 昨年10月くらいからは、たいしたことをしていなくても、1カ月に1回は再発するようになった。知人のKさんが、「知っている整骨院がありますよ」と言ってくれたが、張り薬を腰に張るなどして何日かすれば治るので行かなかった。
 年が明け新年会に出た際、慣れない椅子に座っていただけでまた腰痛になったので、こうれはもうくせになっているので、なんとかしなくてはと思った。
 ネットで見てみると、腰痛がくせになるということはなく、治ったと思ってもまた痛くなるのは、腰が悪くなっているからだと整骨院の方が解説していた。これを見て、もう整骨院に行くしかないと思って、Kさんに知り合いの整骨院のことを聞くと、Kさんがすぐ予約を取ってくれた。

 市内牧志にあるN整骨院に行った。先生は見るなり「背骨がゆがんでいますね。筋肉もこわばっています。でも治療すれば治りますよ」と言ってくれた。
 背骨がゆがんでいると、背骨で重力を分散する力が弱くなり、結果、周辺の筋肉へ負担をかけ、筋肉に疲労がたまり、炎症を起こし、腰痛が発生する。さらに長期化すると、骨や軟骨にまで影響を及ぼし、骨や軟骨の変形が起こし椎間板ヘルニアが発症する(「diamond男の健康」)という。
 整骨院で何回か治療をしてもらうと、ゆがみが直ってきているとのこと。3,4回通ったところで、昨年腰痛の引き金になった草刈り・清掃の作業があったので、また再発しないか少し不安があった。ところが、作業中少し無理な姿勢をとることがあったけれど、まったく腰痛は起こらなかった。やっぱり腰がよくなっているのだと実感した。
 腰痛の原因は、姿勢の悪さからくるそうだ。先生は私が待合室で待っている姿を見ても「やはり姿勢がよくないですね」とおっしゃる。長年の知らず知らずのうちに悪い姿勢がくせになっているのだろう。
 先生が「よくなりましたよ」と判断してくれるまで通うことにしよう。

 腰痛以外にも、寝ている時に足のふくらはぎがつることが多発し、どうしようもない痛さだった。それも治療を始めて以来、起きていない。マッサージなどの効果だろう。
 加えて、整骨院は保険適用となるので、とっても割安な医療費というのも年金暮らしには大助かりである。
 知り合いの整骨院を紹介してくれたKさんに感謝したい。当初は嫌がっていた私に通院を強くすすめてくれツレにも感謝したい。

スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<具志川にも住んでいた金満按司 | ホーム | 尚徳王の家族の伝説、その4>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |