レキオ島唄アッチャー

変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「弥勒節」

「弥勒節」(ミルクブシ)
 八重山地方の農耕神事である豊年祭には、大方の村において豊年や豊穣の世の象徴として来訪神の「弥勒神」が出現し、村人に五穀の種子を手渡す。この「弥勒節」はその場面で歌われることが多く、弥勒神の降臨を祝福するとともに五穀豊穣を祈願する内容となっている。
 ミロク信仰は、沖縄ではとても盛んだ。大和では、弥勒といえばあの有名な法隆寺の弥勒菩薩の優雅な仏像を思い浮かべる。でも、沖縄のミルク様は、布袋様の顔をしていて、にこやかで、お腹は大きくて、とても福々しい。
 弥勒は釈迦入滅後56億7000万年後にこの世に出現し、釈迦仏が救済しきれなかった衆生を救う来訪仏とされる。中国で実在した布袋和尚を弥勒の化身とする信仰が広がり、それが八重山にも伝わったそうだ。だから、沖縄のミルク様は布袋様の姿になる。
                  
     
 八重山一帯の豊年祭など祭りで登場する。それが本島にも伝わった。
「豊年や豊穣の世」を意味する言葉の中でも、最も頻繁に登場するのが「弥勒神」によってもたらされる「ミルクユー(弥勒世)」である。
 「本来は神事専用の祭り歌であったが、美しく大らかな曲調とめでたい詩句でつづられているため、次第に一般の祝宴の言祝(コトホ)ぎ歌として演奏されるようになってきた」という(當山善堂著『精選八重山古典民謡集』)。
 次のような歌意である。
 ♪神の国から弥勒神が 私たちの島にご来臨なさった 島に立派なお治めください 島の護り主様
 ♪豊年満作を賜ったので 遊ぶなら大いに祝い楽しみなさい 踊るなら思う存分 祝い楽しみなさい
   お許しが出たのだから
 ♪豊年満作の予兆に 十日おきに夜雨が降った 立派にお治めください 恵み豊かな世の徴しとして
  ミルク神が降臨して豊作となった歓び、豊年満作を願う内容となっている。豊年の予兆とされる「夜雨」の意味については、すでに書いた。
 この曲は、沖縄本島ではわらべ歌「赤田首里殿内(アカタスンドゥンチ)」(みるく節)としてよく歌われる。次のような歌詞である。
                 
 ♪赤田にある首里殿内は黄金色の灯篭(クガニドウルウ)さげて それが灯れば 弥勒菩薩様を迎える
 ※しーやーぷー しーやーぷー みーんみんめー みーみんめー ひーじんとー 
  ひーじんとー いーゆぬみー いーゆぬみー
♪夜明けとともに勉強しに行くので 髪を結って下さい 私のお母さん ※以下ハヤシ 
♪安南国(いまのベトナム)の弥勒菩薩が わが島へいらっしゃり お与えくだされ 五穀豊穣の恵みの世を 
♪道行く先々の辺りで 歌を歌って遊ぶのは 弥勒豊穣の恵みの世が 近くなった証しだ
 那覇市首里赤田では「みるくウンケー」の伝統行事があり、この歌が歌われる。ミルク様を先頭にした行列が練り歩き、豊穣、健康、繁栄を祈願する。
 歌の囃子の部分は「しーやーぷー しーやーぷー」とはじまることから、子どもをあやす手遊びの歌として親しまれている。「しーやーぷー」はミルク様のほっぺた、「みーみんめー」はミルク様の福耳、「ひーじんとー」はミルク様のひじ、「いーゆぬみー」は手のひら、だという(沖縄出身の唱者、豊岡マッシ―さんのブログ「イチャリバーズ」から)。
 「弥勒節」の元歌と「赤田首里殿内」を比べると、歌詞の文言はかなれ異なるが、弥勒様をお迎えし、五穀豊穣、弥勒の「世果報」を願う内容の歌としては共通している。それぞれに、味わいがある。ただ、本島の「赤田首里殿内」は、わらべ歌として歌われ、その囃子に特徴がある。子どもの手遊び歌となってきたことにより、歌の性格がガラッと変った。
 なぜ、本島ではこのような囃子がついたのだろうか。ミルク様は、とてもみんなに愛されている。ミルク様の持つ扇で仰いでもらうと無病息災のご利益があるとかで、みんな道の両側に並んでミルク様を迎える。
 愛嬌のある風貌、ふくよかな表情と親しみやすさから、ミルク様のほっぺた、耳、肘、手のひらが囃子として歌いこまれるようになったのだろうか。これはなんの根拠もない私の思い付きに過ぎない。
スポンサーサイト

島唄 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジョン万次郎と「土佐人漂着日記」の講演を聞く | ホーム | 変容する琉球民謡、八重山から本島へ。「豊穣の世」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |