FC2ブログ

レキオ島唄アッチャー

歴史が今に生きている沖縄、攀安知の子孫

攀安知の三、四男移住した津波古

 

北山王・攀安知(はんあち)の三男・外間子(ふかましー)、四男・喜屋武久子(ちゃんくしー)が北山を逃れて移り住んだとされる集落がある。南城市佐敷字津波古は、攀安知が中山王の尚巴志に討たれ、外間子と喜屋武久子が移り住んだ1416年から2016年で600年になるそうだ。
 2016116日に、「攀安知(はんあち)王の三男・外間子(ふかましー)、四男・喜屋武久子 移住600年祭」が津波古公民館で開かれた。外間子と喜屋武久子の子孫である3門中の約1200人が県内外から集まり、自らのルーツに思いをはせ、時代を超えて交流を深めたという。

これは、「琉球新報」1123日付の記事である。以下もこの記事による。

 外間子の子孫である桃原門中、安次當(あしどぅ)門中、喜屋武久子の子孫である福増門中は各門中で総会などは開いていたが、三門中が集う企画は初めて。福増門中の伊禮青勝さん(70)が開催を呼び掛け、今年6月に実行委員会が立ち上がった。

実行委員長を務めた伊禮さんによると、尚巴志に滅ぼされた攀安知は歴史上よく描かれないことが多く、門中の中には「北山系」という出自をタブー視する人もいたという。
                               

    
                              054[1] 
                                     北山王の居城だった今帰仁城跡
 「だが、外間子や喜屋武久子は中国で得た知識を琉球に広めた功績のある人物。その子孫も各方面で活躍している。若い世代には誇りと自信を持ってほしい」と思いを語る。

 くしくも6日は尚巴志ハーフマラソンin南城市大会の開催日。「尚巴志が外間子、喜屋武久子を討たなかったおかげで我々が生れた」と笑う伊禮さん。「(同じく生き延びた)攀安知の次男、五男の子孫たちとも交流を持ちたい」と今後の展望を語った。


 佐敷の津波古といえば、よくそのあたりを通ることがある。北山の攀安知と聞くと、遠い遠い昔話のように思っていたが、その子孫の方々が血筋を受け継いで、600年の時を超えてそのルーツを大事にしていると聞くと、攀安知がなんかリアリティをもった人物として蘇る感じがするから不思議だ。
 詳しくは、わがブログで「攀安知の三、四男移住して600年、子孫が祝典」をアップしてあるので、そちらを読んでほしい。
    


スポンサーサイト

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニシキヘビにご対面?離島フェア―2017 | ホーム | アルテで「十九の春」を歌う>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |