レキオ島唄アッチャー

歴史が今に生きている沖縄、汀間当

歴史がいまも生きている沖縄
 沖縄では、琉球の歴史や沖縄民謡に登場する人物の子孫というか血筋をひく人たちが、いろんな分野で活動していることに驚くことがしばしばある。前にわがブログで何回か、アップしたことがあるけれど、改めてまとめておきたい。

 「汀間当」に登場する役人神谷
 名護市の東海岸にある汀間を舞台にした民謡「汀間当」(ティーマトウ)は、役人と村娘の恋唄として、よく演奏される。琉球王府の時代、神谷親雲上(ペーチン)厚詮が、王府の御用品を収納する役人・請人(ウキニン)として、久志間切(クシマギリ、いまの町村にあたる)汀間村に派遣された。
 村の美人、丸目加那(マルミカナ)と恋仲になり、夜ごと浜に降りて逢引していた。それを、村の青年たちが見ていて、はやし立てる様子が歌われている民謡である。

                     IMG_5879.jpg
                        神谷幸一氏
 
 ところが、請人・神谷の子孫にあたる人がいた。それも沖縄民謡界の重鎮である神谷幸一氏だという。これは「琉球新報」2012年12月21日付、小浜司氏が書いた「島唄を歩く、花咲く島のダンディー神谷幸一」で、紹介している。小浜氏に、請人・神谷との関わりを聞かれて、神谷氏は次のように答えている。
 「幼い時、祖父がそんなことをつぶやいていたのを覚えている。先祖御願(ウガン)に首里へ行く時もあったし、系図調べたら7代目にあたるかな。最近の話だけど、汀間(名護市)の神あしゃぎを改築して、落成式に我々メンバーが呼ばれて嘉例(カリー)つけることができた。せっかくだから戦前の部落の井戸跡を拝まねばと、ごちそうも準備した。不思議なことに、土砂に埋まって跡形も無いはずの井戸がすぐに発見できた。それを見たユタ(注・巫女)が驚いて、この人(神谷厚詮)が降りてきて、「ありがとう」と言っている、首里まで来てくれた、丸目加那に向けて「やっとここに来てくれたんだ」と伝えているよ、と言われた」
 系図まで調べたというので、神谷幸一氏が「汀間当」の請人・神谷の子孫にあたるのは間違いないようだ。
 
 「♪汀間当安部境ぬ 河ぬ下ぬ浜下りて 汀間ぬ 丸目加那と請人神谷と
  恋の話 ふんぬかな ひゃ誠かや」
  (汀間と安部の境、井戸の下、浜に下りて汀間の 丸目加那と請人神谷との
  恋の話 本当かな 真実かな)
 歌は4番まで続く。二人の逢引は村の青年に暴露される。はやし立てられていたたまれなくなった神谷は、首里に帰っていく。年が明け4,5,6月頃になれば呼びに来るから待っていてくれ、と言うが、迎えはない。
 「残された丸目加那は涙にくれて、ついに首里まで上ったが、神谷が家族と暮らす現実に落胆し帰郷。そんな彼女を村はあたたかく迎えた」と小浜氏は書いている。
 神谷幸一といえば、小浜氏が「花咲く島のダンディー」と評しているように、民謡界でもイケメンであり、歌の上手さも抜群である。請人・神谷も、女性にもてるタイプのダンディーだったのだろうか。
 それはともかく、古い民謡で歌われている人物と出来事は、根拠のない絵空事ではない。ほとんどが実在の人たちであり、現実の出来事が歌となって残されている。そのことを改めて痛感する。しかも、その人たちの血を受け継いだ子孫が、いまも現存している。
 それも神谷幸一氏のように、民謡界の名高い唄者であることに、驚いた。歴史は生きているのである。

スポンサーサイト

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歴史が今に生きている沖縄、平敷屋朝敏 | ホーム | 楽しめたパシフィックまつり>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |