レキオ島唄アッチャー

楽しめたパシフィックまつり

 那覇市西町にあるパシフィックホテルが開く「パシフィック祭り」があるので出かけてみた。
  ホテルの地下にあるバー・ハックマンで、沖縄随一のGSバンド、SSカンパニーが毎月ライブを行なっていて、一度行ったことがある。今回、初めてSSカンパニーが祭りのステージに立つことになった。
 
                    FB_IMG_1506246920551.jpg
 会場の広大な駐車場にステージが設けられ、屋台がたくさん出ていて、見渡す限りテーブルとイスが並んでいる。ホテルの祭りといっても、宿泊客が対象というわけではなく、近くの県営団地はじめ近所の住民、那覇市内、宜野湾や沖縄市など遠方から、さらには県外からもふくめてお客さんが詰めかけていた。

                DSC_1465.jpg 
   さっそく、生ビールと料理を買い求めていただいた。まるでビアガーデン。
 祭りは辻旗頭の演舞で始まった。司会は、人気役者の津波信一さん。ステージでは、地域の子どもたちのストリートダンス、3組のミュージシャンのライブに続いて、SSカンパニーがライブを行なった。

                    DSC_1472.jpg 
     ベンチャーズナンバーから始まり、久しぶりの「芭蕉布」「秘密の合言葉」「シーサイドバウンド」などGSサウンドを響かせた。なぜか、子どもたちに人気があり、ステージの前に詰めかけた。
 SS応援隊の「糸満カラーズ」メンバーととも踊る男の子がカッコイイ。

      DSC_1478.jpg   
   アンコールでは、オリジナル曲2曲を演奏し、最後の「佐敷幼稚園」では、恒例の汽車ポッポダンスも登場した。
 ライブのあとは抽選会だったが、時間の都合で15位からの当選者が発表されたが、膨大な数の賞品が用意されていた。全部は発表できないので、後日当選者には連絡がいくとのこと。楽しみに待っていよう。

 それにしても、大きなホテルといっても、これだけの規模と内容の祭りを開くのは、膨大な手間と人材、費用がかかる。ホテルの利益のことだけ考えればあまり儲けになるとは思えない。
 ホテルが地域貢献の一つと位置付けて開いているのではないだろうか。他の大きなホテルでこんな規模で地域に開かれた祭りをやっているという話は聞いたことがない。ご立派である。
 来年から楽しみが一つ増えた。






  



 
スポンサーサイト

日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<歴史が今に生きている沖縄、汀間当 | ホーム | 「琉球併合」と明治期沖縄県政、その2>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-09-29 Fri 14:43 | | [ 編集 ]
ハリエコアイさん。コメントありがとうございます。
忘年会は時間がとれれば是非参加したいと思います。後日また連絡いたします。
2017-09-30 Sat 10:20 | URL | レキオアキアキ [ 編集 ]
ハリエコアイさん
県人会の忘年会に私の知人に知らせたら行きたいと言っています。よろしいでしょうか。
2017-10-01 Sun 13:53 | URL | レキオアキアキ [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-03 Tue 10:05 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |