レキオ島唄アッチャー

記録的猛暑、ぜんざいが美味い

 この夏は異常な猛暑だ。沖縄の夏は、日差しは暑いが気温は32度が通常。それが今年は35度がもう14回に達する。記録的だ。36度の過去最高を記録した所もある。台風は来ないというか、高気圧が強く張りだしていて、近寄らない。雨はほとんど降らないので、サトウキビなど悲鳴を上げている。


                  DSC_1247.jpg
   そんな暑い時にピッタリなのが氷ぜんざいだ。南城市佐敷の手登根に美味しい店があるというので出かけた。ツレが聞いた情報だ。331号線沿いの手登根のバス停そばにその店はありわかりやすい。
 「いいやんべぇ」という。「いいあんべえ」というのがフツーだと思うけれど、面白い名前だ。 


                 DSC_1250.jpg
 店内に入ると、中央に大きな丸テーブルがあり、知らない人でもグルリと囲んで座って食べられる。
 張り出されたメニューを見ると、文字通り氷ぜんざいとかき氷だけ。冬でもこのメニューなんだろう。ぜんざい一筋の店。


              DSC_1252.jpg   

 ツレは「こくとうみつぜんざい」、私はスタンダードな「ぜんざい」にした。容器の底に金時豆のぜんざいと白玉が入り、氷が山盛りされ、その上にさらにぜんざいが載るという豪華な感じ。


                          DSC_1253.jpg 
   食べてみると、氷はフワフワ、ぜんざいも甘さがちょうどよい味。一瞬暑さを忘れさせてくれた。

 19日も那覇は35度あった。8月の後半に入ると、暑さも峠を超すのが通常だ。でも今年はまったく気温が下がらない。もういいかげんに、涼しくしてほしい。雨乞いもしなくてはいけないくらいだ。

 そんなこの時期は、夏祭りのシーズン。土、日はあちらこちらで祭りや夕涼み会がある。
 夏祭りには出かけていないが、夜9時前に、ベランダに出ると、豊見城方面で打ち上げ花火が上がった。もうフィナーレらしく、夜空に華やかな大輪の花を咲かせていた。


                        DSC_1258.jpg 
 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宮古島への鉄と鍛冶の伝来、その5。政治社会の変貌 | ホーム | 宮古島への鉄と鍛冶の伝来、その4。争乱の世へ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |