レキオ島唄アッチャー

一夜限りのサガリバナ

   夏の夜に咲くサガリバナが今年も咲いた。首里の鳥堀に大きな花の木があり、6月末に行った時はまだ咲いていなかった。
 7月中旬になり、もう一度行ってみた。
       DSC_1079.jpg 
 少し盛りを過ぎたかもしれないが、大きな花木から無数のつるが下がり、鮮やかな花を咲かせている。蕾もたくさんついている。

       IMG_5156.jpg

 あたりは、花の甘い香りが漂っている。暗くなると咲き、朝陽が昇ると散ってしまう。

        DSC_1074.jpg

 一夜限りの不思議な花である。夏の夜はサガリバナを見ないと寂しい。毎年見ても、やっぱり特別な美しさのある花である。
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宮古島への鉄と鍛冶の伝来、その1。鍛冶神をたたえる神歌 | ホーム | 団地の夏祭り>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |