レキオ島唄アッチャー

アルテで「月ぬ美しゃ節」を歌う


 毎月恒例のアルテミュージックファクトリーが8日夜、開かれた。今月のテーマは「虹」。エントリーは多くはなかったが、楽しいファクトリーだった。
          越智、虹 
   トップバッターは、トランペットの越智さん。ツレのピアノ伴奏で「ラブユー東京」など演奏した。
 知念さんは、ピアノ独奏で「川の流れのように」を演奏した。
        IMG_5116.jpg
  カーペンターズは「島々美しゃ」を演奏。徳門さんは、ウクレレ弾き語りで「この広い野原いっぱい」を歌った。
  宇都宮さんはピアノ独奏したが、曲名は不明。得意の即興演奏かもしれない。演奏スタイルが独特だ。

    IMG_5119.jpg  

 カオルさんは、ギター弾き語りで「虹とスニーカーの頃」。chicaバンドは「綾香・にじいろ」を歌い、タカさんもギター弾き語りで「スコール」を歌った。

             IMG_5124.jpg  

  私は「命口説」をエントリーしていたが、聴いていただきたい方がお休みしていたので急きょ、八重山の「月ぬ美しゃ節」に変更して歌った。虹は太陽のもとだけでなく、満月のもとでも出ることがある。「月虹」(げっこう)と呼ばれる。南米のイグアスの滝では、満月のときは滝のしぶきで虹がかかるそうだ。

           アルテ虹、(2017-07-08) (2) 
   新良幸人に「月虹」というアルバムがあり、この「月ぬ美しゃ」も入っているので歌ってみた。聴かせる歌にならない。

 第2部は、アルテギターサークルが「虹の彼方に」など演奏した。
 ツレはカオルさんのギター伴奏で、森山良子の「あれ、あれ、あれ」を歌った。とても面白い歌詞だが歌うのは難しい曲。ギターとは事前の打ち合わせだけで、実際にギターとのコラボはこの日がぶっつけ本番。パフォーマンスも入った楽しい歌は、大受けだった。
          IMG_5141.jpg 
                 
  由美子さんはオカリナで「虹と雪のバラード」を越智さんのギター伴奏で演奏した。宮国さんはギター弾き語りで「夏祭り」など歌った。
   ブルースの得意なotisさんは、初めて歌三線で「朝はどこから~十九の春」を演奏した。ギターの上手い人は三線もさすがである。
         IMG_5148.jpg 
     伊波さんはギター弾き語りで「しらゆり姫」 を歌った。仲村さんがギターを叩いてパーカッションとしてサポートした。仲村さんはギター弾き語りで「エロチカセブン」を歌った。

                 IMG_5149.jpg
   リエさんは、宇都宮さんのピアノ伴奏で「part of your world」など歌った。清美さんは、宇都宮さんのピアノ伴奏で「恋人よ我に帰れ」を歌った。

            IMG_5154.jpg 


              IMG_5153.jpg 
   8月のテーマは「渚」。これは民謡でもいろいろな曲がありそうだ。

 
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<団地の夏祭り | ホーム | お墓と琉球王権について講演を聞く>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |