レキオ島唄アッチャー

72年目の沖縄「慰霊の日」。平和の島唄を歌う

 72年目の沖縄「慰霊の日」はやっぱり暑い日差しが照り付けた。22日に梅雨明けしたから。
 沖縄は一日中、鎮魂と平和への祈りに包まれた。ラジオ・テレビでも、沖縄戦にかんするメッセージや慰霊の日の特集が流された。平和祈念公園の式典にあわせて、12時に黙祷した。

 毎日の三線の練習で今日は、戦世と平和の島唄を何曲か歌った。
 「屋嘉節」「命口説(ぬちくどぅち)」「命どぅ宝」「二見情話」「艦砲ぬ喰えぬくさ―」etc。
 自分の演奏動画はないので、YouTubeから動画をアップしておきたい。

 最初は知名定男さんの歌う「屋嘉節」。復帰コンサートの映像である。最初幕が開かないまま始まる。

     

 次に山内昌徳さんの歌う「命口説」。この曲は、沖縄戦の全体像が歌われている。


    


 最後に私はまだ歌っていないが「PW無情」。戦争と戦争捕虜(PW)の哀れを歌っている。上間綾乃さんの歌。今日23日、沖縄テレビの特集番組でナマ歌を聞いた。


    
 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変容する琉球民謡、番外編。大田名節 | ホーム | 変容する琉球民謡、番外編。ダイサナジャー>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |