レキオ島唄アッチャー

シニア世代のピアノ音楽会vol5開く

  アルテ・シニア世代のピアノ音楽会vol5が19日夜、首里のアルテウォーバAホールで開かれた。
  今回で5回目となるこの音楽会。初めての人を含めて17人がエントリーした。 
   IMG_4825.jpg 
 それぞれピアノが大好きな人たちばかり。トップのSさんの「聖者の行進」をはじめ、「世界は二人のために」「じんじん」「芭蕉布」「母への手紙」「星に願いを」「トロイメライ」「モーツアルトのソナタ」「マリアエレーナ」、韓国ドラマから「夏の香り」「冬のソナタ」など多彩な曲目が演奏された。
 94歳のmさんは今回も「花の歌」など2曲をしっかり演奏された。

       IMG_4826.jpg
     
   「芭蕉布」を演奏するKさん。どなたの演奏からも、ピアノを愛していることが伝わる。
     IMG_4835.jpg 
  このホールのピアノが先日、リニューアルされたので、みなさんのピアノの音色がとても美しかった。

      IMG_4848.jpg
 初めてといえば、初参加のNさんが、ピアノ伴奏に合わせて尺八をふいた。アルテで尺八を聞いたのは初めて。よい音色だった。

       IMG_4855.jpg
 ツレは、「クーラウのソナチネ20-1全楽章」を演奏した。自分でも満足のいく演奏ができたようで、なによりだった。
       IMG_4858.jpg   
    アルテ・ファクトリーでは馴染みのuさんも、この音楽会は初めて。即興で演奏した。
  
       IMG_4865.jpg 
 演奏者の紹介は、全員ではなく一部だけになってしまった。 
   会場は満席。みなさん、ピアノが大好きで、この音楽会のように、演奏レベルに関係なく、演奏して楽しめる場を求めていることを改めて感じさせる音楽会だった。
    IMG_4850.jpg
 
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「志魯・布里の乱」がなかった?、その3 | ホーム | 「志魯・布里の乱」がなかった?その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |