レキオ島唄アッチャー

テッポウユリが咲きだした大石公園

   那覇市識名の大石公園でテッポウユリが見ごろだと聞いたので、散歩がてらに出かけた。日差しがよく当たっている場所は、もうよく咲いている。とっても甘い香りに付近に漂っている。
    DSC_0658.jpg
 このユリは、沖永良部島の和泊町から球根の提供を得て花を咲かせていると聞いていた。今回は、同島の知名町からも寄贈されたという看板があった。
 テッポウユリの名所といえば、伊江島だが、22日、23日とユリ祭りが開かれるようだ。でもまだ3分咲きだとのこと。大石公園はもう少し咲いているだろう。アマリリスはもう盛りを過ぎた感じだ。
      DSC_0656.jpg
 大石公園のユリ祭りは、今月末の29,30日だという。そのころは満開だろう。公園で出会ったおじさんが「祭においでよ。楽しいよ。ヤギを闘わせるのもあるよ」と誘っていた。ヤギの闘いは「ヒージャーオラセ」と呼ばれる。前に一度公園でも見た記憶がある。

     DSC_0647.jpg  
 ユリの咲く花壇を過ぎると、ヤギを飼っている小屋がある。まだ野外には出なくて、ほとんどのヤギは小屋の中にいた。


     DSC_0661.jpg
 
 近づくとエサを欲しそうに顔を出していた。可愛いヤギだが、頭にはもう角がはえてきている。
    DSC_0675.jpg  
 ヤギ小屋には、保育園、幼稚園の子どもたちが遊びに来て、ヤギと触れ合って喜んでいる写真がたくさん掲示されている。こんな町中の公園で、気楽にヤギにふれられる場所はあまりない。親子で楽しめる公園である。
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<危険な中央分離帯に反射板設置された | ホーム | 仲尾次家の歩み>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |