レキオ島唄アッチャー

首里城は炎上したか、その3

三層の正殿は常に建っていた

高瀬恭子氏は、首里城炎上はなかったことを、別の角度から論証する。内田晶子・高瀬恭子・池谷望子著『アジアの海の古琉球―東南アジア・朝鮮・中国―』の中の高瀬恭子著「首里城の炎上したか」からの続きである。

<現に蔡温自身が撰した『蔡温本世譜』には、尚泰久が広厳・普門・天龍三寺を建てたこと、多くの巨鐘を鋳造させたこと、末吉山熊野権現社を創建したことは記されるが、王城を再建したとの記述は全くない。「満城火起」って首里城が全焼したとすれば、即位した尚泰久がまず着手せねばならなかったのは、城の再建だったはずである。そして王城再建についての記述がないのは『球陽』も同じであり、琉球国王府の編集になる地誌『琉球国由来記』(1713年成立)や、『琉球国旧記』(1731年成立)も同様である。
 

           正殿

                                                     首里城正殿
 

しかも同時代の記録に、この乱の前と後との王城についての記載があるが、城の様子は前と後とで全く変わらないようなのである。…

景泰7(尚泰久王3・1456)年2月に久米島に漂着した梁成と高石寿は、1ヶ月後に本島に送られ、その1ヶ月後からほぼ4年余を王城で暮らし、天順5(尚徳王元・1461)年5月末には朝鮮に帰国している。

梁成らが王城で暮らすようになった尚泰久王即位3年の王城はどんな風であったろうか。「王城はおおむね三重で、外城に倉庫や厩がある。中城には侍衛の軍二百余が居る。内城に二、三の層閣があり、おおよそ勤政殿のようである」…

仮に正殿だけでも、再建するとすれば材料の調達からはじまって、建築・内装の完了までには、3年では到底不可能であろう。しかも「満城」とあれば、その建造物は少なくない数である。

その上、この記録した梁成らは…3年前に大規模な火災があったとしたら、その痕跡を見逃すことはなく、また火災についての伝聞も記したであろうし、何よりも新装成った新正殿であったとすれば、それに言及しないはずはない。正殿は炎上しなかったものと思われる。>

確かに、首里城を再建したとすれば、一大事業であるから、寺院の創建以上にまず記録する事績であろう。


スポンサーサイト

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<首里城は炎上したか、その4 | ホーム | F&Y、ふーみさんbirthdayライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |