レキオ島唄アッチャー

アルテで「安里屋節」を歌う

 毎月恒例の「アルテ・ミュージック・ファクトリー」が8日夜、開かれた。今月のテーマは「里」。みなさん、故里や安里など、里に関わるテーマで充実した演奏をして楽しませてもらった。
 トップバッターの「カーペンターズ」は「金武湾月夜」。なんか歌謡曲ぽい歌だが民謡だという。初めて聞いた。
                     IMG_4482.jpg
   秀子さんは、剛さんのギター伴奏で「この道」を歌いあげた。
                 IMG_4483.jpg
 宮国さんは、ギター弾き語りで「交差点」を歌った。大好きだという長渕剛のヒット曲だ。 
                     IMG_4485.jpg
 絹枝さんは、「里の秋」をウクレレで演奏した。「ピアノで上手く弾けないから」とのことだが、ウクレレですぐ演奏できるのがいいですね。
                    IMG_4486.jpg
越智さんは、ツレのピアノ伴奏で「瀬戸の花嫁」をトランペットで演奏した。のびやかな音色で、トランペットにピッタリだった。
                   IMG_4487.jpg
 タカさんは、ギター弾き語りで「約束の丘」を歌った。カッコいい。
                   IMG_4490.jpg
 私は八重山民謡の「安里屋節」を歌った。竹富島の安里屋に生れた美女・クヤマさんの実話をもとにしている曲。島に来た2人の役人の現地妻に望まれるが、2人とも断る。夫をもつなら島の男がいいと歌う。でもこれは、石垣島などで歌われる歌詞。竹富島では目差主(助役)は断るが与人(村長)ならOKという真逆の歌詞で歌われる。その詳しいことはわがブログ「愛と哀しみの島唄」で書いているので興味のある方はそちらを読んでほしい。
                    IMG_4495.jpg
 ゆったりした曲調なので、間違えずに歌い終えた。
 シニアピアノ音楽会に参加したTさんがファクトリーにも初参加。「芭蕉布」をピアノで演奏した。
                  IMG_44981.jpg
 アルテギターサークルは、今回は2人の合奏だったが、ふーみんさんが「悲しき雨音」など2曲を歌った。
                  IMG_4501.jpg
ツレはピアノ独奏で「ゴンドラの船頭歌」を弾いた。何度目かの挑戦だが、歌うようにピアノが流れていた。本人も「満足できる演奏」だったようで何よりである。
                     IMG_4503.jpg
 清美さんは、ピアノ伴奏者が来れなくなったのでギター弾き語りで「防人の歌」を歌った。ギター演奏と歌声がよく合っていて、聞き惚れる演奏だった。
                       IMG_4506.jpg
 新田さんはピアノ弾き語りで、彼女が故郷を思い出すという曲を演奏した。「スワロ―テイルバタフライ」という曲。
                    IMG_4507.jpg
 カオルさんは、ギター弾き語りで「4月になれば彼女は」を歌った。
                   IMG_4508.jpg
  カオル&タカは、ギター弾き語りでオリジナルの「夢見る安里」を歌った。ライト兄弟より早く空を飛んだとされる人物をテーマにした芝居「飛べ安里」があるが、同じテーマで作られた曲。よい曲だと大好評だった。
 ツレはピアノ弾き語りで、中島みゆきの「ホームにて」を歌った。テーマにピッタリの曲。ピアノ演奏と歌がよく合っていた。
 由美子さんは、オカリナで「里の秋」を演奏した。
                  IMG_4512.jpg
 東明さんは、ピアノで「シェリトリンド」を演奏した。
                IMG_4513.jpg

chicaバンドは「ロード」を演奏した。チカさんが見事なハーモニカも披露し、楽しい演奏だった。
               IMG_4517.jpg
 糸数さんは、ギター弾き語りで「昴」を歌った。病気をされる前のような、張りのあるテナーを聞かせていただいた。
                IMG_4518.jpg
 それぞれ聴きごたえのある演奏が続き、これぞファクトリーという感じだった。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「フォークの日」スペシャルライブを楽しむ | ホーム | 八重山民謡「宮良橋節」に歌われた仲尾次政隆>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |