レキオ島唄アッチャー

那覇ハーリー、ライブを楽しむ

 若夏を彩る那覇ハーリーが始まった。今年は、好天に恵まれた。初日は、中学校の対抗、一般の競漕などが行われた。
                        IMG_5572.jpg
 もうハーリー以上に、ライブが見ものなので夕方行くと、ハーリーは逆光でシルエットのように見える。国立おきなわ劇場もレースに登場していた。
                       IMG_5588.jpg
 沖縄テレビの土曜の人気番組、ラジオのようなテレビ番組「ひーぷーほっぷ」の公開生放送中だ。県民に親しまれているだけに、すごい人だかりだった。
 ライブは、シンガーソングライターのしおり。パーシャクラブだが、リハーサルからじっくり見た。
                      IMG_5592.jpg
 しおりちゃんは、学校訪問の活動もしているそうだ。そんな中から生まれた「閖上桜(ユリアゲザクラ)」ほか自作のナンバーを歌った。彼女のお父さんは、音楽仲間が集うアルテでツレはお付き合いがある。「行けないので叱咤激励してやってください」とメールがあった。ツレはCD2枚を買い上げた。
                        IMG_5617.jpg
 島唄ポップスのパーシャクラブはこの日のトリをつとめた。新良幸人は三線をまるでエレキギターを弾くようにかき鳴らす。「7月エイサー」「じんじん」「ファムレウタ」「五穀豊穣」などヒット曲が続く。
 ベースの神村さんは、ツレが通うピアノ教室の先生のお兄さん。ミュージシャンともこんなつながりがあるなんて、まあ沖縄は狭い!
                      IMG_5621.jpg
 新良幸人は、ステージから降りてくるというサービスも。大盛り上がりのライブだった。
                      IMG_5626.jpg
 彼は八重山古典民謡でも素晴らしい歌三線ができる。そんな基礎があって、島唄ポップスでもみんなを楽しませる演奏ができるのだろう。
                     IMG_5635.jpg

 フィナーレは花火。ことしも野外ライブの季節到来である。

スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<普久原朝喜顕彰碑に出会う | ホーム | 古民家を再現した「ふるさと園」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |