レキオ島唄アッチャー

南山城跡と嘉手志川を訪ねて

 久しぶりの南山城跡
 糸満市大里に行く用があったので、久しぶりに琉球が3つの小国に分かれていた三山時代に、南山王の居城だった南山城跡に立ち寄ってみた。世界遺産にも登録された琉球のグスクは、いかにも軍事的な要衝だったと思われる高地にある。眺望も素晴らしいところが多い。でも、ここはただの平地であり、なぜこの地にグスクを築いたのかよくわからないところがある。
                  IMG_3728.jpg
 それはさておき、部分的ではあるが立派な城壁が残っている。案内板から紹介する。
<南山城は琉球三山分立時代(14世紀頃)に栄えたグスクです。南山は明国と交易を盛んに行い、財源を得たり、明文化を移入したりして城を中心に南山文化を築いていました。15世紀になって中山王尚巴志に滅ぼされるまでの朝貢回数は22回を数えます。
                 IMG_3715.jpg

 1984年、発掘調査が市教育委員会によって行われ、中国製陶磁器やグスク系土器の他、備前焼きスリ鉢、鉄鏃(てつぞく、やじり)、ガラス製勾玉などが出土しています。これらの遺物から南山城は13世紀ごろに築かれ、13~15世紀前半が特に栄えていたことが分かりました。
 南山の東方には水源豊な「カデシガー」、北方には源為朝と王の妹との逢引場所だと伝わる「和解森(わだきなー)」があります>。
 琉球王府の史書『球陽』は、為朝のこの伝説について記している。「(為朝)公、大里按司の妹に通じて一男を生む」。為朝は、「故郷の念禁じ難く、妻子を携えて還らんとす」が、牧港から舟で出ようとすると暴風が起こり出れず、男女同舟すれば竜神の祟りだといわれ、やむなく妻子を残して還った。その息子がのちに舜天王になったとする。
                   IMG_3721.jpg

 南山城跡は、遺跡の大半が市立高嶺小学校の敷地内にある。城跡には、なぜか鳥居が建っている。裏手に回ると、数人の人たちが、御願に来られていた。なにか、南山とご縁のある方々だろうか。家族連れのような感じである。どこのグスクでも、その中にいくつもの拝所がある。グスクは、いまでも近くの集落の人々や関わりのある人々にとって信仰の対象なのだろう。

 城跡のすぐ東側に、嘉手志川(かでしがー)がある。水量豊富な湧水である。地元の住民は「うふがー」と呼んでいるそうだ。「かつては南山の繁栄を支えた湧水」(糸満市HP)ともいわれる。
 ただし、この井泉は、南山滅亡の因縁をもつことで知られる。
                       IMG_3708.jpg

 琉球王府の史書『球陽』は次のような伝承を記している。
 「中山王尚巴志、金彩囲屏(金屏風)有り。粧飾甚だ美なり」。他魯毎(たるみぃ)がこれを欲しがった。中山王は、大里にある泉、嘉手志川とこれを換えてはどうか、と言った。他魯毎は喜んで交換に応じた。中山王は「其の泉を得てより、其の水を厳禁し、人に与へて之れを汲ましめず。唯己に従ふ者のみ之れを与へて、未だ従はざる者は之れを用ふるを許さず。南山の臣民及び按司皆其の事を譏(そし)りて以て相胥(あい、みな。互いに、すべての意)に怨み、暗かに中山に従ふ者勝げて数ふべからず。是に於て中山王自ら四方の按司等を率ゐ、親しく往きて之れを征す。他魯毎擄(りょ)にせられて誅に伏し、遂に南山を滅すと爾云う」
1429年に南山は滅びた。

                      IMG_3705.jpg
 
 この附近は沖縄戦のなかで、激戦の地となった。
 「沖縄戦の戦闘が激しくなるにつれて、嘉手志川の周囲は、日本軍を追い詰めていくアメリカ軍の激しい攻撃にさらされ、住民は、水場一帯に容易に近づけなくなったということです。
 嘉手志川の近くに、灌漑施設の完成を記念して建てられた石碑がありますが、戦火を受けて大きく削られ、また機関銃の痕が残っています」(NHK「沖縄戦70年 戦跡と証言」)。
                   IMG_3707.jpg

 現在も周辺の田畑を潤し、地元の人たちの納涼スポットとして訪れる人が絶えないという。この日も、釣竿を持つ人がいたり子どもが網を持って遊んでいた。憩いの場となっているのだろう。


スポンサーサイト

史跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<按司と鍛冶遺跡、その1 | ホーム | 南山崩れとシヌグ祭り、その3。北山崩れ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |