レキオ島唄アッチャー

首里の安国寺に初詣

 2017年が明けた。いつものように、午前零時、那覇港から船の霧笛が鳴り響いて、新しい年に入ったことを実感した。除夜の鐘は聞こえない。
 2日には初詣に出かけた。首里の寺では、酉年は不動明王を守り本尊とする安国寺が唯一の十二支堂だとのこと。
                    DSC_0248.jpg

 首里では観音堂が人気があり、交通渋滞になるので、早めに行った。安国寺は、観音堂の前を首里城向けに登ったところにあるが、まだ交通規制はなく、スムーズに行けた。
 安国寺は、臨済宗妙心寺派の寺院。山号は太平山。尚泰久4年に建立された禅寺である。
                  DSC_0245.jpg

 沖縄のお寺の中では、本堂がとても立派である。
 「沖縄の古都首里で現在までの五百五十年余りに亘り首里のお寺さんとして続き、二〇〇九年に本堂を再建落成(寺院建築では沖縄史上最大の建築であり、木造建築としては首里城に次ぐものである)となる」(安国寺HPから)。
 本堂の前に、デカイ樹木があり、その下に立像が祀られている。どういう名称なのかは不明であるが、お供えがされているので、まずはこちらに御願をした。
                    DSC_0243.jpg

 本堂では、お坊さんがお経をあげているところだった。さい銭をあげて、家族の健康と安全、幸せな年となるように願った。
                   DSC_0247.jpg

 「幸せを呼ぶ天然石おみくじ」を初めてひいてみた。中には小さな瑪瑙(めのう)が入っていて「吉」と出た。ツレは「招き猫おみくじ」をひいた。ツレも「吉」。書かれた内容はなんと同じ文句だった。健康について、睡眠を十分とり過労を避けるように、とあった。健康にとっては大事なことなので、気をつけよう。
 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初めて見た野菜の宝船 | ホーム | 音楽忘年会で楽しく年忘れ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |