レキオ島唄アッチャー

南山崩れとシヌグ祭り、その3。北山崩れ

 北山崩れ
 北山の本拠、今帰仁城をめぐっては、何度も興亡があり、中部や南部へ逃れた数々の伝承がある。
  英祖王系の今帰仁按司が城主(仲北山)だった時代の1322年、本部大主(ムトゥブウフヌシ)が策をめぐらし、城を乗っ取った。幼い千代松金(後に丘春を名乗る)は北谷城下の砂辺村に身を隠した。仲今帰仁按司の弟、今帰仁子(ナチジンシー)は、真和志(マージ、現在は那覇市)間切に逃げた。彼には3名の男子がいて、長男は真和志間切識名(シチナ)村に住み、屋号今帰仁の祖になり、次男は同じ識名村の屋号花城(ハナグスク)の祖になり、3男安座名子(アザナシー)は東風平(コチンダ)間切に今帰仁村(後に外間村に変わる)を創設し、屋号安座名(神里姓)の祖になった。
               054[1]
今帰仁城跡
  仲今帰仁城主の弟である喜舎場主(キシャバシュー)は、本部大主に攻め滅ぼされた時、古宇利(コーリ)島経由で久志間切平良(テーラ)村に逃げた。数年して勝連間切比嘉(ヒジャ)村(浜比嘉島か)に渡り、島の娘と男子を生み、その子孫が比嘉村の屋号平良や屋号新屋(ミーヤ)である。
 数年して喜舎場主は比嘉村を離れ、中城間切和名(ワナ)村に渡り、さらに喜舎場村に移り住んで落ち着いたという。
仲今帰仁城主の末子の志慶真樽金(シキマタルガニ)は久志経由で高離島(宮城島)に逃げ、島の北東の岬に泊城を築いた。泊城は隠れ城とも呼ばれ、川端イッパーと名を変え、北隣の伊計城(伊計島)のアタエ城主と反目していた。北風が強い日にアタエ城主は伊計城から上空に灰を撒き散らしたので、泊城の兵隊は目が開けられない状態になって川端イッパーは敗れた。平安座島に逃げ、その子は先川端按司と称し、孫は川端按司と称した。

 18年後の1340年に、本部大主が亡くなると、丘春と旧臣たちが今帰仁城を奪い返した。本部大主の一族は、各地に四散した。三男の東名(アガリナ)大主と謝名大主(ジャナウフヌシ)は、平安座島を経て上与那原村に来た。東名大主の子孫は、与那原に住み、屋号新里の祖となったという。
 この項は、伊敷賢著『琉球王国の真実』をもとに紹介した。「北山王国をめぐる興亡」について、別途わがブログでアップしているので、興味があればお読み下さい。
 
 それにしても、平安名島、宮城島、浜比嘉島、伊計島の4島は、いまは海中道路と橋でつながっているが、それまでは離島だった。本島に近いけれど、海で隔てられているので、南山や北山から争いに敗れて落ち延びる土地としては、うってつけだったのだろうか。
 終わり
スポンサーサイト

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<南山城跡と嘉手志川を訪ねて | ホーム | コスモス満開、金武町伊芸の田んぼ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |