レキオ島唄アッチャー

アルテで「高平良萬歳」を歌う

毎月恒例の「アルテ・ミュージック・ファクトリー」が10日夜、開かれた。今年最後で台131回を数える。
 今月のテーマは「鐘」だった。
 久しぶりに「カーペンターズ」が出て、「島々清しゃ」「舞方(メーカタ)」を演奏した。今回はメンバーが少なく、マンドリンとベースの2人だった。ドラムが入らないので、いつもの演奏とは違ったが、「歌がよく聞えてよかったですよ」との感想が出た。
                 IMG_3872.jpg
 宮国さんは、ギター弾き語りで「変わりゆくこの時代の中で」を歌った。佐渡山豊さんの曲だという。
               IMG_3875.jpg
  越智さんはトランペットで、ツレのピアノ伴奏によって「あの鐘を鳴らすのはあなた」を演奏した。新しいトランペットを使ったが、とてもハリや艶のある音色だった。
              
                 IMG_3880.jpg
 島尻さんは、アカペラで「おぼろ月夜」など歌った。 東明さんは、ギターソロで「ラ・パロマ」など演奏した。ペルー生まれというだけに、ラテンナンバーが心地よく聞こえる。
                  IMG_3884.jpg
 カオル&タカは、「銀河鉄道999」を演奏した。イントロでタカさんのエレキギターによる汽車のシュッ、シュッという擬音で始まり、ノリのよい楽しい演奏だった。イントロは、まったくのオリジナルだという。
                 IMG_3885.jpg
 私は「高平良万歳(タカデーラマンザイ)」を歌った。この曲は、田里朝直作の組踊「万歳敵討」より、主人公の謝名の子と慶運兄弟が踊る部分を抜粋し、父の仇を打つまで「道行口説」「万歳かふす節」「うほんしゃり節」「さいんそる節」の四曲からなる。4曲はまだ歌えないので、「道行口説」だけを歌った。「万歳」とは、お笑いの万歳ではなく、旅芸人のこと。この曲にしたのは、「鐘」といえばお寺がつきもので、この歌詞にも出てくるからだ。
                 IMG_3892.jpg
 歌詞は、「親の仇を討たんてやり 万才姿に打ちやつれ 棒と杖とに 太刀仕込で」(親の仇を討とうと旅芸人姿に変装し、棒と杖とに太刀を仕込んで)と始まる。編み笠深く顔を隠し、仇が住む平良の屋敷に巡り来る。敵に早く引き合わせくださいと末吉宮に祈る。社壇から眺めると景色は素晴らしい。そこから下り来てお寺の門に立ち寄り休む。敵討ちのためとは他人は知らない。
 歌詞はこんな流れになっている。
 歌はなんとか歌えたが、三線は最後につまづいた。まだ 練習不足ということだろう。
 
 ツレは、ピアノ弾き語りで「ウェディンベル」を歌った。とても声もよく出ていたのではないか。
              IMG_3900.jpg
 アルテギターサークルを代表して、越智さんが「禁じられた遊び」など演奏した。普段あまり聞かない前奏から入って聴きごたえがあった。由美子さんのオカリナと越智さんのギター伴奏で「ジングルベル」を演奏した。もうXmasも間近だ。
  初めて参加した砂川さんは、歌三線で宮古民謡の「とうがにあやぐ」など演奏した。「コンクールに出ると緊張して上手く演奏できないので、人前で演奏する練習をしたい」というのが参加の動機だそうだ。
 歌は声がよく出ているし、三線は速弾きもしっかりと弾けて、立派な演奏だったと思う。

                 IMG_3904.jpg
 きぬえさんは、ツレのピアノ伴奏で「鐘の鳴る丘」を歌った。想い出のある曲だそうで、楽しそうだった。
                IMG_3907.jpg
 ツレはピアノソロでクーラウ作曲「ソナチネ」を演奏した。前々日のリハーサルでは完璧で感動するような演奏だったけれど、本番ではミスが続いて不本意だったようだ。リハの演奏を見ていると、かならず本番でもリハ通りの演奏ができるようになると確信する。
 仲村さんは、ピアノソロで「グリーンスリーブス」を演奏した。ジャズ風アレンジで聴かせた。
                  IMG_3912.jpg
   伊波さんは、ギター弾き語りで「ギター弾き」を歌った。これもオリジナル曲のようだ。
              IMG_3914.jpg
 清美さん&リエさんは、宇都宮さんのピアノ伴奏で「A Whole New World」を歌った。聴き惚れた。
                 IMG_3920.jpg
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<開店10周年へ、カリーをつけたライブ | ホーム | 笑いを囃子にした「国頭サバクイ」、その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |