レキオ島唄アッチャー

懐かしのGS ハロウィンナイトライブin中城モール

 ハロウィンで盛り上がっていた10月30日夜、「懐かしのGS ハロウィンナイト SSカンパニーライブ」が、中城モールで開かれた。その模様がYouTubeでアップされているので紹介する。
                IMG_3419.jpg

 テレビ報道で見る東京などのハロウィンはただの仮装大会、仮装パレードのようになっている。もともと、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事である。アメリカ占領下にあった沖縄では、早くから定着していたようだ。知り合いの人から、子どものころは魔女やお化けに仮装して家々を訪れてお菓子をもらったことを聞く。
                IMG_3426.jpg

 それはさておき、家具店である中城モールのライブは今年3回目。すっかり定着している。今回も100人ほどつめかけた。
 お馴染みのGSナンバーを次々に演奏した。今回、ベンチャーズの「キャラバン」など新曲も披露した。
                 IMG_3462.jpg
 リーダーの瀬底正真さんは、還暦を迎えたが、新しいレパートリーをたえず加える努力を怠りない。何十曲ものGSナンバーを、楽譜の歌詞もコードも見ないで演奏し歌い続ける。
                 IMG_3442.jpg


 ライブ最初から盛り上がり、ステージ前に踊り出す女性がいたり、ステージ横では熱烈SSファンのダンシングが止まらない。
                  IMG_3464.jpg
 「佐敷幼稚園」では、人間汽車ポッポが場内を巡り、フィナーレの「また逢おうね」では、手と手を結む輪が広がった。
                    IMG_3471.jpg
 SSカンパニーライブならではの、感動のシーンである。
 このライブの音響を担当したのは、フォークユニット「F&Y」で活躍するふーみさんだった。
                   IMG_3421.jpg
 音響もよく、ライブを盛り上げた。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<琉球弧の歴史と喜界島(その8)、喜界島からの交易の移住 | ホーム | 世界へ響け! 三線大演奏会で弾いてきた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |