レキオ島唄アッチャー

沖縄ジョン万次郎会、亀島靖氏が講演

 第11回沖縄ジョン万次郎会講演会が9月24日午後、豊見城市社会福祉協議会ホールで開かれた。劇作家で著名な琉球歴史研究者の亀島靖氏が講演し、聴衆で会場はいっぱいとなり、万次郎に対する関心の高まりを示した。
                    IMG_3131.jpg
 講演会は、赤嶺光秀会長が挨拶、宜保晴毅市長ら来賓が挨拶した。オープニングで、市内豊崎小学校の愛唱歌「未來への扉~ジョン万次郎からのメッセージ」(2014年度6年生一同が作詞・作曲、嶺井るみ先生が編曲)と歌手の三田りょうさんが歌う「ジョン万次郎の歌~忘れはしない胆心(ちむぐくる)」が紹介された。
 亀島氏は「琉球歴史の謎とロマン~日本の夜明けに貢献したジョン万次郎と牧志朝忠~」と題して講演した。亀島氏は5つのキーワード「黒潮」「クジラ」「牧志朝忠」「明治維新(島津斉彬)」「産業革命」を軸に話した。
                     IMG_3126.jpg
 万次郎が遭難した当時は異常気象で黒潮が南に蛇行したため助かったという。黒潮の三大動物の一つがクジラで、当時のアメリカは捕鯨が重要産業で、鎖国していた日本に捕鯨船が寄港できるように日本に開港させるためペリーが派遣され、琉球に先に来たこと。琉球が異国の人も来るものは迎える精神をもっていることをバジル・ホールの航海記を読んで知っていたとのべた。
 万次郎は、ペリーの来る前年、琉球に上陸したが、鎖国の日本に上陸すれば打ち首にされるかもしれない最悪の事態を想定し、一番上陸しやすい国として琉球に来たが、バジル・ホールの本を読んでいたと思われる。万次郎は、「ABCの歌」をはじめて日本に紹介し、初めてネクタイをし、初めて蒸気船に乗り、初めて近代的な捕鯨術を習得した日本人でもあるとのべた。
 ペリーの来琉のさい対応した牧志朝忠は北京に留学して中国語、ロシア語、英語も学び語学の才能があり外交を担当していた。万次郎が滞在したさい、世界の情報や本も提供された朝忠はペリーに会ったさい、アメリカは一農民が選挙で国王になれると話し、ペリーは琉球の役人がジョージワシントンのことを知っていることに驚いたという。
                   IMG_3129.jpg
 ペリーは、これから日本に向かうが幕府が敵対すれば艦砲射撃で江戸を焼け野原にするつもりだと朝忠に話したので、朝忠はすぐ那覇にいる薩摩の在番に伝え、早船、急便で情報が広島にいた斉彬に伝わり、幕府はペリー艦隊が来てもお台場で砲撃をしないで迎えることになったという。
 当時の琉球は中国から冊封(さっぽう)を受けたが、中国は琉球を支配する国とは見ていない。琉球から毎年7名、7年間の留学生を受け入れ国費で学ばせるなどとても厚遇した。その背景に火薬の原料となる琉球の硫黄が欲しかったことがあるとのべた。
 亀島氏は、RBCラジオ「おもため歴史ゼミナール」で毎日話しているだけに、とてもわかりやすく面白い内容の講演だった。
 
スポンサーサイト

沖縄の歴史 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<琉球弧の歴史と喜界島(その3)、先進地だった奄美 | ホーム | 琉球弧の歴史と喜界島(その2)、突出した位置占める島>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |