レキオ島唄アッチャー

異様なほど盛り上がったビアドーム

 夏といえば、ビアガーデンが楽しい。ホテル・日航グランドキャッスル那覇が今年7月から「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」に経営が代わってから2度目のビアドームに出かけた。
                   IMG_2727.jpg
 フォークユニット「F&Y」は7月に続いて、8月はこの日が出演日だった。前回も満席だったが、この日も2人のライブ常連のみなさんを始めたくさんのお客さんが詰めかけ満席で、異様なほどの盛り上がりとなった。
              IMG_2730.jpg  
 
 お馴染みのフォークナンバーをはじめ、ノリのよいアリスメドレーになると、ダンシングはもとより舞台に駆け上がる人たちも出てくる。

                    IMG_2693.jpg

 なかでも、グループで来ていた着物姿の女性が舞台で踊るのには、ビックリ。
                   IMG_2704.jpg
 子どもを肩車して舞台に出てくるお父さんもいる。でも子どもはなんだか楽しそうではない。
                    IMG_2719.jpg
 肩車は子どもだけでなく、若者たちも担ぎ上げる。もう結婚式の余興のようなノリである。
                      IMG_2722.jpg

 中には南こうせつのファンだという中学生がいて、こうせつのサインの入ったふーみさんのギターに興味を示し、ふーみさんと記念撮影。
                    IMG_2699.jpg
 毎週金曜日開催のビアドームだが、F&Y出演のときだけ満席になるという。フォークをはじめ、洋楽から昭和歌謡まで、30分で2回の予定時間を大幅超過しても演奏して楽しませてくれる二人のライブは、大好評のようだ。集客の貢献度も大きい。今年はこれで最後かと思うと残念である。
                      IMG_2735.jpg
 
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旧盆といえばやっぱりエイサー | ホーム | 大城按司墓と大城城跡をめぐる(10)、子孫だった儀間真常>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |