レキオ島唄アッチャー

奥武島のイカの天日干し

 家にいても暑いので、ドライブに出かけた。行先は、南城市の奥武島。本島と橋でつながる離島。漁業が盛んな島である。
                  IMG_2636.jpg
 漁港では、夏の風物詩、トビイカの天日干しがされていた。沖縄は、魚の干物がない。作らないし、食べない。ここのイカの天日干しは、沖縄に来て私が見た唯一の干物づくりである。
 漁港の一角に有刺鉄線が張り巡らされたところが、イカの干し場。すでに白いイカが朝日を浴びていた。有刺鉄線といえば、基地につきもので、マイナスイメージしかない。でもこちらは、刺の部分にイカをひっかければ吊るせるので、とても便利で有用な使い方である。
                   IMG_2637.jpg
 すぐそばでは、夏休み中の子どもたちがおじい、オバアと一緒に水揚げされたばかりの新鮮なイカを丁寧に洗い、皮はぎをしていた。仕上がれば、有刺鉄線に干していくだろう。
                     IMG_2639.jpg
 イカは、強い日差しで約1日半ほど干されたら、島の店先に並ぶそうだ。「一夜干し」のイカは、あぶってマヨネーズを付けて食べると美味しいという。
                  IMG_2643.jpg
 漁港そばのお魚直売所を見ると、「スク」(アイゴの稚魚)がたくさん並んでいた。スクは旧暦6月1日と7月1日の前後数日間だけ獲れるので、漁民から「海からのボーナス」とも呼ばれる。8月1日は旧暦6月29日だった。
 スクは、塩漬けにして、島豆腐に載せて食べると美味しい。売っているのは量が多くて、買ってもとても食べきれないのであきらめた。
                      IMG_2640.jpg
スポンサーサイト

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<八重瀬町のヌヌマチガマを見る | ホーム | 2年ぶりに県営国場団地祭>>

コメント

すくがらす豆腐は大好きですが、生のスクが売っているのを初めて見ました。

アイゴはヒレが猛毒なのに、稚魚は大丈夫なのですか。

ちょっと感動です。
ありがとうございました。


余談ですが、八重瀬、湊川港のヨシ鮮魚店の天ぷらが大好きです。

天ぷらもすごくおいしいですが、壁に汗水節の歌詞が貼ってあり、戦争の名残を切々と感じました。
2016-08-05 Fri 13:43 | URL | 海月と申します [ 編集 ]
> 海月さん。コメントありがとうございました。
> コメントが来ているのに気づくのが遅くなってしまい失礼しました。
> スクは、旧暦6,7月の1日前後だけ獲れるそうなので、その時漁港などに行かないと見れないですよね。ちょうど奥武島に行った朝、水揚げされたようでラッキーでした。アイゴは毒があるというのは初めて知りました。
> 港川のヨシ鮮魚店には一度是非行ってみたいですね。
> 「汗水節」の歌詞を貼ってあるのも、作詞者が地元の出身だからでしょうね。
2016-08-18 Thu 23:11 | URL | レキオアキアキ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |