レキオ島唄アッチャー

2年ぶりに県営国場団地祭

 夏ならではのビアガーデンが2日連続であった。
 一つは、旧グランドキャッスル那覇、現在ダブルツリーヒルトン那覇首里城のビアドーム。今年初めてのビアドームだった。ホテルの経営者が代わり、毎年開催のビアドームが7月から、それも金曜日だけ週1回となった。恒例のミスター・ジョークマンライブも月1回となった。今年は、ふーみ&良明のフォークユニット「F&Y」ライブとなった。
 会場は、小学校の先生たちのグループ40人が陣取り、とても年代が若い。「かぐや姫」などのフォークも知らない世代がほとんどだ。
                      元グラキャン8
 糸満の「風は南から」のライブ常連だった人たちが何人か駆けつけた。ライブが始まり,はじめはしっとり系の曲が多いので、みなさん静かに飲み、食べていた。
 でもでも、テンポの良い曲になり、糸満の常連さんが踊りはじめると、いっしょに踊り出す人たちが急に多くなった。
 ステージとは遠い会場の後方で踊り出すと、ステージ前のお客さんたちも、いっせいに後ろの踊る集団に注目する。
 アリスナンバーメドレーになると、先生集団も立ち上がり踊り出し盛り上がる。
                    元グラキャン4
 第2部では、F&Yは、昭和歌謡から洋楽ナンバーまで、次々にお馴染みの曲を演奏し、満席の会場はあちらこちらで立って踊り出す人が増えて、大盛り上がりになった。
                     元グラキャン3
 この日、ホテルからは見事な夕陽が見えた。
                      元グラキャン7
 ライブは、最後に「ふきのとう」の「春雷」で盛り上げ、アンコールでは、しっとりと「涙そうそう」「童神」、さらに「落陽」「探しものはなんですか」を歌い、クライマックスとなった。
                       元グラキャン6
 ビアドームで美味しいオリオンビールを飲みながらのライブは最高である。
 出かける際にデジカメを忘れたので、ガラケーケータイの写真なので不鮮明なのが残念である。

 土曜日は、毎年恒例の近くにある県営国場団地の夏祭り。昨年は台風で中止になったので2年ぶりの開催だった。朝から雨が降り、雷までなって心配したが夕方からは日差しが出て、すごくラッキーだった。
                     IMG_2602.jpg
 祭のステージは、八重山民謡「高那節」に合わせた舞踊で幕開けした。歌三線やエイサーなど続く。
                     IMG_2605.jpg
 祭には、城間幹子市長も出席して挨拶した。
                     IMG_2610.jpg
 驚いたのは、空手の演舞の子どもたちが、空手の前に歌三線を披露したこと。空手の歌三線はまったく異なる鍛錬が必要で、いっしょに教えているなんて聞いたことがない。でも実際に、空手の胴着姿で三線を持ち、民謡を数曲演奏した。その後は、空手の演舞を披露した。沖縄に住んで空手と歌三線を一緒に披露するのは初めて見た。惜しみない拍手喝さいをおくった。
                     IMG_2611.jpg

今年のの祭りのスローガンは「地域揃てぃ遊ぶ嬉しゃや」。沖縄ではこの「みんなが揃って遊ぶ」ということをとても大事にしている。「揃う」とは、地域のみんなのつながり、心を合わせることであり、昔から「結(ゆい)」の心、相互に助け合う「ユイマール」を大切にしてきた住民の気持ちが表現されていると思う。
                  IMG_2614.jpg

 このあとも、ハワイアンから琉舞など芸能の舞台が続いた。夜風が心地よい祭りだった。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<奥武島のイカの天日干し | ホーム | 大城按司墓と大城城跡をめぐる(8)、落ち延びた若按司>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |