レキオ島唄アッチャー

台風去って虹かかる

 台風1号は、台湾を抜け中国大陸に向った。今年は台風の発生がなく、7月に1号が生れたのは観測史上2番目の遅さだったという。急速に発達して900ヘクトパスカルにまでなる強烈な台風だった。沖縄は、与那国島や石垣島など八重山諸島が影響を受けたが、暴風圏には入らないで過ぎ去ったのは幸いだった。台湾は昨年に続き、猛烈台風が直撃しているので気の毒である。
 台風が沖縄本島をそれたといっても、天候は不安定で、断続的に強い風雨がやってくる。台風一過とはならない。
                   IMG_2393.jpg

 そんな朝、南の空に七色の虹がかかった。なぜか最近は虹をあまり見なかった。久しぶり。でも、一瞬のうちにまた雨が降るというか、通り過ぎて、虹は消えていった。
                   IMG_2391.jpg

  夏の間は台風でなくても猛烈な風雨が襲うことがしばしばある。車で買い物のため外出中は、車を下りて店に入るのも困難だ。そんなのとき、大型ショッピングセンターの屋内駐車場に逃げ込むのにかぎる。と思って先日、猛烈な風雨にあい、近くの大型スーパーの駐車場に入ると、考えることは誰も同じ。車が押し寄せ駐車するスペースがない。空いたところを探していたが、ないのでやむなく野外の駐車場に下りると、雨は小やみになっていた。そんな夏の沖縄の雨事情である。
                    サンダンカ1
 今年は、道路脇に植えられたサンダンカが、例年以上に真っ赤な色彩で咲き誇っている。もう暑苦しいほどである。まだ沖縄の夏は始まったばかり。あと4か月は続くだろう。これから台風シーズンに入り、どうなることか。雨は降らしてほしいが、被害をもたらすような直撃は勘弁してほしい。毎年の県民の願いである。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伊波氏大勝、辺野古NOの民意再び | ホーム | 大城按司墓と大城城跡をめぐる(6)、東大里城を攻めた尚巴志>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |