レキオ島唄アッチャー

今年も幻想的なサガリバナが咲く、崎山・鳥堀

 一夜限り、夜の間に咲き、朝日を浴びて散ってしまう幻想的な花、サガリバナが沖縄の各地で咲いている。
首里では、崎山の瑞泉酒造がある「瑞泉通り」では毎年、祭りがあるので有名だ。昨年は見に来たのが早すぎてあまり咲いていなかった。
                 IMG_2376.jpg
 陽が落ちないと咲かないので、日没が過ぎた午後7時40分くらいに崎山に行ってみた。
 まだ明るさがあるので、完全に開いていない花もある。
                   IMG_2375.jpg
 この通りは、並木がずらりとサガリバナで、まるで「サガリバナ通り」のようだ。
 ことしは7月2日(土)、3日(日)の2日間、崎山町瑞泉通りで、サガリバナのライトアップイベント「さがり花観賞の 夕べ」が開催されることになっている。この日はまだライトアップはなかった。サガリバナは、 首里では「キーフジ」と呼ばれ、琉球王朝時代に珍重されていたそうだ。
                    IMG_2377.jpg
. 鳥堀に回ってみた。こちらは、崎山よりも花の木が大きい。やはり街路樹で3,4本咲いている。
                   IMG_2382.jpg
 木の上から、花の咲くツルが無数に垂れ下がり、咲いている。まだ蕾もある。壮観である。
                   IMG_2380.jpg
 辺り一面に花の甘い香りが漂っている。2人組の女性がやはり花の観賞に訪れていた。
                  IMG_2383.jpg
 こちらはライトアップの予定もない。少し盛りを過ぎた感じなので、今年は例年より早く咲いたのかもしれない。梅雨明けが早かったことと関係あるだろうか。
                    IMG_2384.jpg
 サガリバナは、遠くに行かなくても、この首里の崎山、鳥堀で十分に堪能できるので嬉しい。
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大城按司墓と大城城跡をめぐる(5)、二つの組踊 | ホーム | 大城按司墓と大城城跡をめぐる(4)、悲しい落城伝説>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |