レキオ島唄アッチャー

ストロベリームーン

 2016年6月20日の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれているそうだ。夏至の頃の満月は、月の高度が低いことから赤みを帯びるので、その名で呼ばれている。この月を見ると、「幸せになれる」とか言われているらしい。
 写真は残念ながら21日の月である。それも月がのぼり始めた頃なら赤みをおみているだろうけれど、もう午後11時近いので赤みは感じられない。
                   IMG_2363.jpg

 旧暦の5月15日は19日日曜日だったので、21日は17日になる。それでもほぼ満月状態で美しい。沖縄風にいえば、「月ぬ真昼間(つきぬまぴろーま)」。月が真昼のように輝いていることを意味する。
 今年は梅雨が早く明け、真夏のように太陽が照り付ける日々だ。夜空はとても空気が澄んでいる感じで、月も星も美しい。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「慰霊の日」、平和の民謡を歌ってみた | ホーム | 久しぶりのSSカンパニーライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |