レキオ島唄アッチャー

「風は南から」ラストライブ

 毎月通っていた糸満市のライブハウス「風は南から」が10周年を迎えたばかりなのに、営業を終了することになった。
                 IMG_1650.jpg
 2007年から定期ライブをしていたフォークユニット「F&Y」のラストライブがあり出かけた。つめかけたファンで満員状態。愛知県からわざわざライブを見に来たМさん夫妻もいた。スペシャルゲストも登場して、感動と熱狂のライブとなった。
                  IMG_1658.jpg
 ライブは懐かしいフォークから洋楽ナンバー、昭和歌謡まで熱い演奏が続いた。人口も多くない糸満市だが、熱心なファンが集客に奔走し、多くのお客さんで盛り上げ「奇跡の糸満ライブ」と呼ばれたこともあったという。
                  IMG_1663.jpg
 その立役者が「床屋のNさん」。ライブ後半の開始にあたり、サプライズでふーみさんがNさんを紹介し、なんと「皆勤賞」の感謝状とプレゼントを贈呈した。Nさんは、予想もしていなかったので、何度も何度も涙を流して喜んでいた。
                  IMG_1670.jpg
 ふーみさんは、このあとなんとツレを呼んで「ナイス応援賞」を贈ってくれた。常連の中では新参者であり、躊躇していたが、みなさんから後押しされて、受け取った。まったくのサプライズで感涙していた。
 後半では、サプライズゲストで城間健市さんが歌った。沖縄を代表するロックシンガーである。といってもいつの間にかカウンターでドリンクを飲んでいた。なぜかジャージ姿で気取らない。
                   IMG_1675.jpg
 「遠くで汽笛を聞きながら」など3曲、アンコールでは「鉄爪(ひきがね)」を歌った。圧倒的な歌唱力とパフォーマンスに魅了された。
                  IMG_1686.jpg
 愛知から来たМさんにとって、「風は南から」は初めてにして最後のライブとなった。「スゴイ!」と感動しながら「こんなライブハウスが閉店になるのは惜しいね」と残念がっていた。
 いつの日か是非、再開されてまたライブを楽しめることを願っている。
                   IMG_1691.jpg
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<与儀公園でデイゴ咲き始めた | ホーム | 友寄の獅子舞>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |