レキオ島唄アッチャー

国の強権通用せず、代執行訴訟和解

 辺野古新基地の埋め立て工事が中止された。埋め立て承認取り消しをめぐり国が翁長知事を訴えた代執行訴訟で、県と国の和解が成立したからだ。
 国はこれまで否定的だった和解に追い込まれたことになる。埋め立て工事は1年ぐらいは中断するといわれる。これまでのように工事を続けながら、代執行で知事権限を奪って強権的に建設を進めようとした国の傲慢な手法は裁判所でも認められなかった。県民と翁長知事一体のオール沖縄の運動の成果である。
 ただ、国は「辺野古移設が唯一の解決策」という方針に固執しており、決着はしないだろう。国が知事の取り消しの是正を指示、係争処理委員会で審理し、さらに裁判に移ることになるから、問題はまだまだ長引くことになる。
 
 今回明らかになった裁判長の和解勧告文は注目される。
 「本来あるべき姿としては、沖縄を含めオールジャパンで最善の解決策に合意し、米国に協力を求めるべきである」「今後も裁判で争うとすると、仮に本件訴訟で国が勝ったとしても、さらに今後、埋立承認の撤回がされたり、設計変更に伴う変更承認が必要となったりすることが予想され、延々と法廷闘争が続く可能性があり、それでも勝ち続ける保証はない。むしろ、知事の広範な裁量が認められて敗訴するリスクは高い」
 ここには国と自治体の「対等・協力の関係」も、県民の総意も無視した国の強権的な姿勢への厳しい批判が込められていると思う。
 政府・自民党は沖縄県議選、参院選をにらんで争点そらしの思惑もあるといわれるが、「辺野古唯一」を頑迷に唱える限り、争点が薄れることはない。
 オール沖縄・翁長知事が屈することはありえない。沖縄の存在をかけたたたかいだからである。
 日米両政府は、「辺野古唯一」に固執せず、建設工事は一時中断ではなく、断念すべきである。米海兵隊は沖縄にはいらない。県内たらい回しはやめて、普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還を実現すべきである。
スポンサーサイト

政治 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八重山の定納布と御用布、その1 | ホーム | 八重山の織物・芭蕉布、その3>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |