レキオ島唄アッチャー

元気なお年寄りが歌い踊る地域福祉まつり

 那覇市の近くの老人福祉センターで、地域福祉まつりが開かれた。
 あいにくの雨模様の天気だったが、センターでいつも楽しんでいる歌三線や日舞、琉舞、民踊、フラダンス、大正琴、社交ダンス、太鼓、ギター、カラオケ、詩吟や太極拳、スポーツ吹き矢などの練習の成果の披露や地域の幼保、学校、老人施設などからもたくさんの演舞が披露された。
 なかには、日舞からフラダンスまで舞踊のほとんどの演目と歌三線、大正琴、太鼓、太極拳まで出演するスーパーウーマンもいらっしゃる。
                  IMG_1292.jpg
 初日には来賓として城間幹子那覇市長が出席し祝辞をのべられた。市長本人が来られたことに、みなさんとても喜んでいた。
 センターに通う90歳以上の高齢者はなんと18人を数える。最高齢の96歳が4人もいる。「あやかりたいね」というのが、大方の思いである。
 私がお世話になっている民謡三線同好会は、2日目の午後、出演した。「歌ぬ道」「汗水節」の2曲を演奏した。聞いているお年寄りたちはみんな民謡は大好きだから、人気がある。手拍子もいただいた。
                   IMG_12931.jpg
 「歌ぬ道」は、「♪歌てぃ語やびら 御万人の肝に 歌の節々に 心くみて」と歌う。「歌い語ろう 多くのみなさんの心に 歌の節々に 心を込めて歌おう」というような歌意である。
 「汗水節」は、勤労の尊さを歌った名曲である。
 30人ほどの仲間のみなさんが心ひとつに歌った。終わった後、「民謡とてもよかったですね」「『歌ぬ道』という曲、感動しましたよ」など感想が寄せられた。
                     IMG_1294.jpg
 
 最後はみんなでカチャーシーを踊った。「みんなでカチャーシーを踊って 健康 地域の繁栄 申年祝いさびら」。
 こんな言葉がプログラムにあった。祭りに参加された方々の気持ちがここに込められているように感じた。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八重山芸能と舞踊、その6 | ホーム | 八重山芸能と舞踊、その5>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |