レキオ島唄アッチャー

八重山芸能と舞踊、その6

 八重山舞踊と沖縄古典舞踊の対比
 これまで、八重山舞踊が、どのように沖縄本島の琉球式舞踊の伝来と影響を受けたのか、という側面を中心に見てきた。だが、琉球舞踊の影響を受けたとしても、それは「単なる模倣」ではなく「充分に咀嚼消化、八重山独自の芸能に仕上げている」(森田孫栄著『八重山芸能文化論』)とされる。

 <沖縄古典舞踊の場合は、王府の式典芸能として最高の技巧を凝らして創り上げられたものだけに、絢爛と輝く華やかさ、求心的緊迫感をもっており、型のきまる瞬間の媚態とも思える官能さが、象徴的に、特定の人間を対象にした芸風であることを物語っている。
 八重山の芸能は、神との係り合いの次元で生じたものであって、あくまで敬虔深く、さす手ひく手はすがすがと簡潔に踊られますが、馴れぬ者の目には、なにかもの足りぬようにうつるらしい(森田孫栄著『八重山芸能文化論』)。>
                      IMG_9981.jpg
                       那覇市民会館の芸能祭から(記事とは關係ありません)
 「八重山舞踊の我々を引きつけるものは、矛盾しない意味に於て、洗練された素朴なものの美であったと思う。沖縄本島の舞踊は、宮廷風な優雅さをねらって、繊細に繊細にと洗練されて行ったのに対し、八重山のは、優雅な踊を素朴に受け取って、それをそのまゝ飾りなしに磨いて行ったものと見られる」(本田安治著『芸能の島八重山』、森田孫栄著『八重山芸能文化論』から)。

 舞踊の種類ごとに、八重山舞踊と琉球古典舞踊を対比すると次のような相違がある。
 
男踊
 立構えは八文字に立たず、マタ割りもしない。足拍子は、腰落しをした市井のママ、腿を斜横へ張りつつ上げ拍子を踏む沖縄風と異り、腰落しを成し、元へ戻りながら脛(スネ)の中程に上げてから拍子を踏む。扇子扱いも当てるメリハリを付けないのびやかな型付けになっている。

女踊
 立構えは、ナヨリを抑え、始動も、左足を右方へひねりつつガマクを入れて体を斜へ向ける沖縄風に対し、立構えた左足を後方へ引き、腰落しをしながら正先へ出る。ツキは、左足を正へ出すと共に少し左足を膝に落としつつ腰落しに移り、前方へ伸び立つように上体を直していく。

面使い
 沖縄風が手の所作する方向と面の方向は原則的に反対の態であるのに対し、八重山の場合は、手振り、面の方向など体躯全体は、常に同一線上にある。
 
 八重山舞踊の場合、雑踊りを除き、男舞い・女舞いともに旧藩時代、士族層が一般生活で用いた衣装がその基準になっている。
 本島の曲線的萎(ナエ)装束に対し、八重山はあくまで直線的な稜(カド)をきわだたせた強(コワ)装束の系譜を踏襲してきた在り方からしても、八重山人の美意識の一端は窺えるように思う(森田孫栄著『八重山芸能文化論』)。
 
 こうした八重山舞踊と琉球古典舞踊との違いを頭に入れておけば、次から八重山舞踊を見る際には大いに参考になるだろう。 
 
スポンサーサイト

八重山舞踊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<八重瀬公園でカンヒザクラ咲く | ホーム | 元気なお年寄りが歌い踊る地域福祉まつり>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |