レキオ島唄アッチャー

今年最後のSSカンパニー忘年会ライブ

 沖縄随一のGSバンド、SSカンパニーの忘年会ライブが、南城市佐敷の「カフェSSカンパニー」であり、今年最後のライブとして楽しんだ。
                    IMG_0968.jpg
 11月末に新築オープンした「カフェSSカンパニー」は、道路拡張で隣のビルが取り壊され、一軒屋状態で白い建物がよく目立つ。
 12月は毎週土曜日がこの本拠地のカフェで定期ライブだ。今月はビールなどドリンク飲み放題でオードブルのフード付き、チャージ料込でなんと2000円という驚きの料金。リーダーの瀬底さんのサービス精神の表れだ。
                    IMG_0973.jpg
 この日は、RBCラジオ「団塊花盛り」のパーソナリティーで、沖縄GS愛好会会長を自称する箕田和男さんが、ご夫婦で最初から参加した。
 第一部の終わりでは、箕田さんもマイクを握り、「僕のマリー」など何曲かを歌った。先日は、ラジオまつりのパーソナリティーによるカラオケ歌合戦で、やしきたかじんを歌ったことから、「最近はやしきたかじんばかりでGSは歌っていない」といいながら、見事に歌いこなした。
 
 この日のライブには忘年会などがあり、参加できないと事前に言っていた人たちも、やっぱり聞きに行きたいと、忘年会を早めに切り上げて駆けつける人もいて、後半は満席状態となった。
  
                    IMG_0985.jpg
  第2部では、近頃歌い始めた「芭蕉布」を歌った。ロック調のアレンジでパンチの効いた演奏と歌に、ダンシングは一段と高揚。最高の盛り上がりを見せた。 
                 IMG_0986.jpg
 「シーサイドバウンド」などノリのよい曲が続くと、ますますヒートアップ。演奏するメンバーも盛り上がる。
                    IMG_0996.jpg
 最後の「また逢おうね」では、手と手をつなぐ大きな輪ができて、全員合唱で歌声が響きわたった。
 ラジオのヘビーリスナーのLさんは、念願かなってこの日初めてSSライブに来たけれど、とても楽しかったそうで、なによりである。
                    IMG_0990.jpg
 アンコールの声が飛ぶと、サプライズで、フォークユニット「F&Y」として活動するふーみさんが、瀬底さんとともにマイクを握った。彼も、南城市玉城でライブをこなした後、新築なったお店を見ておきたいと立ち寄ったのだった。
                     IMG_1000.jpg
 「サボテンの花」を歌った。SSカンパニーとF&Yのレパートリーでかぶっている曲目だ。二人がいっしょに歌うことはほとんどない。見れたのはラッキーである。ライブが終わったのは午前12時半を過ぎていた。今年最後の夜更かしかもしれない。
 今年も元気でライブを楽しめたことに感謝し、来年も良い年になってほしい。そんな思いを一つにしたライブだ。
 
 
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トゥシビー祝いをしていただけることに | ホーム | Xmasライブで盛り上がる>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |