レキオ島唄アッチャー

アルテで「小浜節」を歌う

 毎月恒例の「アルテミュージックファクトリー」は第119回で、今年最後となりテーマは「歳」。エントリーは少なかったが、感動的なファクトリーとなった。
 トップバッター島袋さんはギター弾き語りで「あの素晴らしい愛をもう一度」。伸びやかな歌声が曲調と合っていた。 
                 IMG_0769.jpg
 伊佐さんはギター弾き語りで「イムジン河」。フォーク・クルイセダーズが歌い、なぜか発売中止になった経過がある。懐かしい名曲を聴かせていただいた。私はカラオケで歌う時は、キム・ヨンジャ版で歌うのが好きだ。 
                     IMG_0770.jpg
 越智さんのトランペットとツレのピアノのコラボで「ホワイト・クリスマス」「雪が降る」を演奏した。とくに「雪が降る」は挑戦していた高い音もよく出て、音色もよく好演奏だったと思う。
 ミーシャさんは「イラヨイ月夜浜」をギターで独奏した。いつもながらの優しい演奏で心が癒される。 
                   IMG_0771.jpg
 私は「小浜節(クモーマブシ)」を歌った。 歌詞に「二十歳の女性」と出てくるから選んだ。歌詞を紹介しておく。
♪小浜てぃる島や 果報ぬ島やりば 大嵩(ウフダキ)はくさでぃ 白浜前なし ヤゥンナ
♪大嵩に登てぃ 押し下し見りば 稲粟(イニアワ)ぬなをり 弥勒世果報(ミルクユガフ)
♪稲粟ぬ色や 二十歳頃女童 粒美らさあてぃどぅ 御初上ぎら
 歌意は次の通り。
♪小浜島は豊かな島だ 大岳を背にして 白浜を前にしている
♪大岳に登って 展望してみると 稲や粟は稔り 平和で豊かな世である
♪稲や粟の色は 二十歳の女性のように美しい 粒が美しく その初穂を神に捧げる
  小浜島が「果報ぬ島」となぜ呼ばれるのか、についてこのブログでも書いたので、興味のある方はそちらも読んでみてください。
 歌はなんとか歌えたが、なかなか味わいのある歌い方にならない。 
                      IMG_0776.jpg
 松田聖子の曲を得意にしているあゆなさんは1年ぶりの登場。今回は聖子の曲だけでなく、古謝美佐子さんが歌いヒットした「童神」も歌った。アルテのような場は貴重だからと、わざわざ遠くからお見えになる。歌への情熱はスゴイ。 
                     IMG_0781.jpg
 恒例の南亭こったいの落語は、「睨み返し」という演題。大晦日の借金取りをテーマにしている。笑いながら見ていると、つくづく落語って一人芝居だなという気がする。
                    IMG_0783.jpg
 カオル&タカさんは、ギター弾き語りのオリジナル曲「歳を取ったな…思う前に」。リハーサルのときから、とてもいい曲だなと思った。曲名に示されたように、なにか実感がこもっていて、歌詞、旋律とも素晴らしい。タカさんのギターソロも生かされていた。
                    IMG_0787.jpg
 ギターサークルはXmasソングを2曲演奏した。人数は少なかったが楽しい演奏だった。 
                    IMG_0788.jpg
 ツレはピアノ弾き語りによる「愛の讃歌」とピアノソロでショパンのマズルカト短調67.2を演奏した。「愛の讃歌」は、越智吹雪版ではなく、エディット・ピアフの原曲に忠実な歌詞で歌う美川憲一版を使った。ピアノ弾き語りの腕前が前より格段に向上していることを感じさせる歌と演奏だった。
                        IMG_0794.jpg
 ツレは越智さんとのコンビで、ピアノ&ギターによる「禁じられた遊び」も演奏した。ピアノとギターのための楽譜を使ったので、それぞれの音色が生きていて、この曲の新しい魅力を引き出していた。
                      IMG_0797.jpg
 新田さんは、先日のNAHAマラソンをぬいぐるみ姿で完走したそうで、この日は完走の賞状・メダルを披露しながら「世界に一つだけの花」をギター弾き語りで歌った。
                      IMG_0806.jpg
 この場でサプライズの発表があった。彼女にプロポーズしてOKをもらい、結婚することになったという嬉しい報告だった。付き合いだして2年ほど。いつもアルテに仲良く参加していた。このファクトリーが二人の愛を深め合う場になったのかもしれない。
 「おめでとう!」の祝福の拍手に包まれた。
  伊波さんは、ギター弾き語りで「街の灯り」を歌った。仲村さんのハーモニカのサポートもあってとても味わいのある歌だった。
                     IMG_0808.jpg
 清美さんは「the Christmas song」を宇都宮さんのピアノ伴奏で歌った。もうプロ並みの歌唱力である。
                     IMG_0809.jpg
 最後に新田さんと彼女の婚約を祝って、長渕剛の「乾杯」をピアノとギターが弾ける人はみんなギターを弾き、祝福されるご当人も舞台に立ち、全員が大合唱した。 
                    IMG_0815.jpg
 新田さんは若いけれどアルテの長いメンバーで、みんなから好かれている。
 アルテに3年余り通っているが、こんなにみんなが心ひとつにお祝いをするなんて初めてのこと。主宰者の越智さんから、花束とお祝いのメッセージカードが贈られた。
                    IMG_0816.jpg
 婚約したお二人はもちろん、祝うみんなもhappyな気持ちになる感動的な合唱だった。
                        IMG_0813.jpg
 ツレはこの日、合計4回、6曲ピアノを弾き、「乾杯」の合唱とお祝いの準備も進めたので、超多忙だった。「お疲れさま」と労をねぎらいたい。
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オセアニアの海と移動、その6 なぜ東へ東へ進んだのか | ホーム | オセアニアの海と大移動、その5 「航海術と船」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |