レキオ島唄アッチャー

沖縄戦の戦跡を訪ねて、糸数アブラチガマ

 糸数のアブチラガマ
 南城市玉城字糸数にアブチラガマがある。沖縄戦の実相を知るのには、もっとも適したガマの一つだろう。修学旅行生など年間15万人の見学者が訪れる。
 ガマに入るのは有料。南部観光総合案内センターで、懐中電灯、ヘルメットなど貸してくれる。
 沖縄戦で避難に使われたガマは、入り口がぽっかりと大きく開いているところが多いが、アブラチガマは入り口が狭く、井戸を降りるように狭い階段を降りていく。すると、ガマが大きく広がっていて、奥行きも270㍍ほどもあるから長い。
                          アブラチガマ



 アブチラガマの名前の「アブ」とは深い縦の洞穴、「チラ」とは崖のこと。「ガマ」は洞窟のことだから、文字通り、縦に深く落ち込んだ洞窟である。
 真っ暗なガマは、もう地上とは別世界だ。沖縄戦の当時と変わらない闇の空間がある。
 ガマの内部には、重症患者室や一般病棟、軍医室、治療室や当時の遺物、カマド、井戸などがあり、焼けて黒ずんだ天井も見られる。
 軍人専用の「慰安所」もあり、朝鮮人女性などが性的奴隷とされていたという。
 このガマは、沖縄戦の当時、もともとは糸数集落の避難指定壕だった。だが日本軍の陣地壕や倉庫として使用され,戦場が南下するにつれて南風原陸軍病院の分室となった。
 軍医、看護婦、ひまゆり学徒隊が配属され、全長約270㍍のガマ内には、600人以上の負傷兵で埋め尽くされた。1945年5月25日の南部撤退命令により病院が撤退したあとは、糸数の住民と生き残りの負傷兵、日本兵の雑居状態となった。
                        アブラチガマ、糸数壕

 5月25日ころ、撤退命令が出されたさい、重症患者は置き去りにされ、全員に乾パンと青酸カリが配布された。その後、何回も米軍の火炎放射攻撃、黄燐弾の投げ込み、ガソリンを流し込むなど攻撃を受け、多数の死傷者が出た。日本兵による住民殺害なども起きたという。
 その後、米軍の攻撃にあいながら生き残り、8月22日の米軍の投降勧告に従って、住民と負傷兵はガマを出た。沖縄戦の悲劇が凝縮されたようなガマである。
スポンサーサイト

戦跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄戦の戦跡を訪ねて、嘉数高台 | ホーム | 沖縄i戦の戦跡を訪ねて、潮平権現壕>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |