レキオ島唄アッチャー

生島ヒロシさんが登場したサプライズライブ

 沖縄唯一のGSバンド、SSカンパニーのベースギターリスト、ピロちゃんのバースデイライブが、那覇市内のライブハウス「アパッチギャング」であった。
                         IMG_5253.jpg
 RBCの番組「団塊花盛り」でGSコーナーを担当する箕田和男さんが、おりしも来沖中の生島ヒロシさんを伴って来店した。生島さんは、毎朝5時30分から1時間、「おはよう一直線」という番組をやっている。
                       IMG_5267.jpg
 サプライズでさっそく舞台にあがり、GSナンバーを3曲歌った。子どもの頃、GSを聞いていた世代とのこと。「長い髪の少女」「思いでの渚」など披露。歌詞の分からないところは、SSリーダーの瀬底正真さんが、耳元で教える。生島さんはCDも3曲出しているくらい。声はよい。ノリノリで楽しそうに歌った。
                         IMG_5278.jpg
 生島さんはことし63歳らしい。「ヒロシです」という芸人ヒロシの売り文句は、生島さんの名前からきているそうだ。
                             IMG_5281.jpg
 早朝番組を担当しているので、夜更かしはしないのだろう。一部で帰った。ビールも飲まずジュースだった。健康に気を付けているはず。宮城県気仙沼の出身で妹さんとその夫を大震災で失ったそうだ。
 「沖縄大好き」「ナンクルナイサ―という言葉が大好き」と話す。とても気さくな人だ。 
 この日のライブの主役は、ベースのピロちゃん。ライブの常連さんからたくさんのプレゼントをもらって、とても嬉しそうだった。
 スペシャル・サプライズ付きの楽しいライブだった。
                          IMG_5291.jpg
スポンサーサイト

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄戦の戦跡を訪ねて、南風原病院壕 | ホーム | 沖縄戦の戦跡を訪ねて、旧海軍司令部壕>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |