レキオ島唄アッチャー

沖縄戦の戦跡を訪ねて、南風原病院壕

 沖縄陸軍病院南風原壕群20号
 南風原町にある陸軍病院壕が一般公開されたので見学に行った。もう6年ほど前だろう。
 壕は手掘りの横穴壕で、クチャ土(泥岩)のため坑木がはめられ、狭い通路と二段ベッドがあった。ベッドは重症患者が寝かされ、壕内は血・膿・ウジの臭いと、唸り・叫び声が充満したという。当時の壕内の様子が再現されているが、壕内に充満した強烈な臭いだけは再現できないとのことだった。
 沖縄陸軍病院は、第32軍の陸軍病院として編成された。野戦築城部隊の指導の横穴壕が造られた。米軍の艦砲射撃が始まった1945年3月下旬、陸軍病院は使っていた南風原国民学校が焼け、各壕へ移った。
 軍医、看護婦、衛生兵ら約350人に加え、沖縄師範学校女子部・県立第一高等女学校の生徒(ひめゆり学徒隊)222人が教師18人に引率され、看護補助要員として動員された。
                       沖縄陸軍病院南風原壕群20号

 4月1日に米軍上陸後、外傷患者の激増に対応するため、外科を第一外科、内科を第二外科、伝染病科を第三外科へと改めた。5月下旬、第32軍司令部は摩文仁へ撤去を決定し、陸軍病院に撤去命令が出された。その際、重症患者に青酸カリが配られ、自決の強制が行われた。
 「こりゃ毒や」。第一外科に収容されていた第62師団(石3592)所属の岡襄さん(当時21歳)=京都府=は指を突っ込んで今飲んだミルクをはき出した。迫撃砲の破片が尻に食い込み、動けない状態だった。毒だと気づき、「殺される」と思った瞬間、これまで動けなかった体で立っていた。「琉球新報」が発行した「沖縄戦新聞」1945年5月27日付は、このような証言を伝えている。「南風原陸軍病院壕趾」の碑文には「重症患者二千余名自決の地」と刻まれている。
 南風原町は、1990年、戦争の悲惨さを伝える証として、第一外科壕群・第二外科壕群を町の文化財に指定した。2007年6月から、南風原壕群20号が一般公開された。
スポンサーサイト

戦跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄i戦の戦跡を訪ねて、潮平権現壕 | ホーム | 生島ヒロシさんが登場したサプライズライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |