レキオ島唄アッチャー

沖縄戦70年、胸騒ぎを覚える

 6月23日は、沖縄戦の組織的戦闘が終わった「慰霊の日」とされる。今年は沖縄戦から70年という節目の年である。
 慰霊の日を迎えた県民の感想でことし、目をひくのは「胸騒ぎを覚える」という言葉である。
 住民をまきこんだ地獄のような戦争で、家族をや友人、同郷の人々など失って、やっと生き残った人々が、70年を経てまた「胸騒ぎを覚える」というのは、尋常でない。
 それは、なによりも安倍政権が「戦争法案」の成立を狙っているからだ。戦後70年、戦争で殺し、殺されることがなかったこの国で、再び殺し、殺される危険な道に踏み入れようとしている。
 そんなことを考えると、「怖くて子供を産めない」という若いママさんの声も出ている。
 とくに沖縄は、「戦争法案」と深いかかわりがある。
 この法案では、アメリカに追随して、海外で米軍の後方支援(兵站)に踏み出す。日本が攻撃されてなくて、集団的自衛権の行使だといって、武力の行使に踏み出すなどなど。
 その米軍は、沖縄からアジア各地に出撃する。沖縄の米軍はつねに「戦時」にある。
 辺野古への新基地建設も、危険で老朽化している普天間飛行場を軍港を供えた巨大新基地に作り替えるためだ。
 自衛隊も、与那国島、石垣島、宮古島への配備計画を進めている。これらも「戦争法案」の一体のものだ。
 こんな動きがあるから、「戦争法案」はリアリティをもって県民に胸騒ぎを感じさせているのだろう。  
 再び、日本が戦争する国にしてはならない、憲法9条を守れ、 辺野古新基地の建設は止めよ、というのは沖縄では県民多数の願いではないだろうか。
 今朝の「琉球新報」社説は「犠牲の再来 許さない」である。


 
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伊江島の祭祀「大折目」、その1 | ホーム | SSカンパニー、具志川ジャスコでライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |