レキオ島唄アッチャー

沖縄戦の戦跡を訪ねて、弁ケ岳にも壕跡

 首里の弁ケ岳にも壕跡
 弁ケ岳は、沖縄戦では、第32軍の司令部のあった首里城に近い高地なので、激戦の地だった。
 1945年4月1日、本島の読谷から北谷にかけての海岸から上陸した米軍は、南下してきた。
 中部戦線で2か月近く激しい戦闘が続き、米軍は首里城に迫る。
 日本軍司令部は、1945年5月27日、首里城から南部へ撤退した。                        
                      
 米軍は全戦線にわたり攻撃を強化する。5月28日には「石嶺、辨ケ岳正面は米軍と接戦しながらも陣地を保持した」が、「辨ケ岳、石嶺高地、大名高地方面も三十日攻撃を受けわが残置部隊は奮戦したが、米軍は逐次滲透して来た」。防衛庁の『戦史』でも、このように記されている。
                       img_1896_2[1]

 弁ケ岳は、古くからの拝所「弁ケ嶽」がある。一般に「ビンヌウタキ」(弁ヌ御獄)と呼ばれる。峰全体がご神体とされていた。戦前までは、琉球松などの大木が茂っていたそうだ。弁ケ嶽には、戦争の痕跡、戦跡がいくつかある。
                         IMG_1981.jpg

 石門の前に、灯篭が二つあるが、銃弾の跡のような、小さな窪みがある。灯篭そのものも、なぜか欠けている。
                        IMG_1986.jpg

 石門の左横に、旧日本軍の洞窟陣地がある。コンクリート造りで、ポッカリと入口が開いている。中は深いのだろうか。何も囲いはない。コンクリート壁には、やはり銃弾の跡だろうか、いくつも痕跡が残されている。
                       IMG_1987.jpg
 弁ケ岳の壕跡をブログで前に紹介した時、知人のTさんが、訪ねて行ったところ、草木が茂って場所がわからなかったという。それを聞いて自分で行ってみたが、前はすぐ見つかったのにやっぱり、分からなかった。不思議なほどだ。

 石門の背後の山にも登ってみた。
 山頂には、三角点とともに拝所がある。これも何を祀っているのか分からない。 山頂からの眺めは抜群だ。西方を見ると、首里城が、真正面に見える。北方を見ると、中城方面から与勝半島の方まで、見渡せる。軍事的に要衝だったことがわかる。以前、テレビで弁ケ岳の戦跡が紹介されていたのを見た記憶がある。何か説明するものがあればよいのに、と思ったことだった。
スポンサーサイト

戦跡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<沖縄戦の戦跡を訪ねて、旧海軍司令部壕 | ホーム | 沖縄戦の戦跡を訪ねて、首里城の第32軍司令部壕>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |