レキオ島唄アッチャー

伊江島の祭祀「大折目」、その2

 大折目は伊江島最大の年中行事
 伊江島の大折目(ウプウィミ)とは、どのように行われたのか。
「大折目は島最大の年中行事である。7月下旬闇夜に行われた3日間にわたる祭事である」(『伊江村史』)
『琉球国由来記』にその概要が記載されている。訳文で示す。
七月に日を撰んで行われる大折目は、根所火神の前にノロ(注・神女)・掟神、オタカベ(お崇)をし、朝から晩まで根所を廻り、一日中遊ぶ。百姓も同じように遊ぶ。
二日目の折目はマイスカミヤという根所へ、ノロ・掟神が揃い、神遊びをするのに高1石につき粟1勺、干魚2匁づつ取り合わせ、粟神酒を作り、ノロ・掟神に御馳走する。島中の男女、そして惣様も揃って拝みをして、一日遊ぶ。
三日目の折目は、根所、宮里庭・城の庭の両所でノロ・掟神が揃って神遊び、そのとき高1石につき、粟1勺、干魚2匁づつ取り合わせ、粟神酒を作り御馳走をする。この3日の折目は昔から伝わり、今も行われている。
訳文は「今帰仁村歴史文化センター」HPを参考にした。 
                  img030.jpg
                富里にて立ち祝女(ノロ、神女)の儀式(『目で見る大折目』から)

 大折目の祭祀の流れを、改めて簡単に言えば次のようになる。
1日目は、ニャーグニで神祭りをする場所を浄める。
2日目は、来訪神を迎え、神遊びを行うことによって、来訪神のお力を村に迎え入れる。
3日目は、来訪神をニライカナイへ送る。
この祭祀では、居ノロと立ちノロがいる。居ノロは土着の神であり、ホールンチャプイという草冠を被る。立ちノロは来訪神であり、スィギンチャプイという草冠を被り、手に弓を持つ。
「大折目祭祀は、来訪神を土着神が迎え神遊びをすることにより、村に世果報をもたらせる祭祀ということができる」(武藤美也子著「伊江島の大折目(ウプウイミ)」)。
世果報(ユガフウ)とは、平和で豊穣な世を意味する。
スポンサーサイト

沖縄の祭祀 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伊江島の祭祀「大折目」、その3 | ホーム | 狂乱のF&Yライブ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |